団員規則

このエントリーをはてなブックマークに追加

2012/4/22 このページはガリガリに編集中です。内容は変更になる可能性が結構あります。

第1条(趣旨)

一般社団法人いっぱんじん連合 団員規則(以下、「団則」という。)は、一般社団法人いっぱんじん連合(以下、「当団体」という。)について必要な事項を定めるものとする。

第2条(目標)

当団体は、社会的評価を得る活動を行うことが出来ればそれに超した事は無いが、そもそもそこまでの情熱・能力・才能を持ち合わせている人材は当団体に入ることはあまりないと思われるので、内輪の中でワイワイ盛り上がれれば御の字、いや自己満足(以下、「自己満」という。)で充分であると思っており、またこれを目標とする。当条文の補足に関しては当団体ブログ「裏庭のアレ」を参考にすること。

第3条(部署)

(1)当団体に、次の部署を置く。

  • モラトリアム部
    Wikipediaから抜粋すると、「学生など社会に出て一人前の人間になる事を猶予されている状態を指す。」となっている。当団体においては、「特にやりたいこともないし、何かの部門に属するのも躊躇している」といった、中途半端な状態のため、暫定的に所属することを目的とした部とする。
  • 企画部
    当団体に係る企画全般の他、ミーティング場所の企画提案など非常に重要なミッションをコミットすることを課せられているため、当部署の業務は、ストレス社会の権化ともいえる。そのため、適当にペラペラ冗談とかギャグとかでまかせ言ってるだけでも良いものとする。
  • オタク部
    健やかなる時も病める時も、常に何かを探求し続ける現代に舞い降りた修行僧のごとく活動する部署。その荒行のような業務は、ストレス社会の権化ともいえる。そのため、適当に本読んだりネットしたり映画みてるだけでも良いものとする。
  • けっこう寝る部
    「コアラの可愛さは、異常な睡眠時間と関係性はあるのか?」を検証するための部署。主な業務は、コアラ同様日々22時間ほど寝てもらうこととなる。そのためほぼプライベートの時間は無くなることになり、ブラック企業も真っ青。まさにストレス社会の権化ともいえる。そのため、単にボーッとしてたり、そんなアンニュイな雰囲気を醸し出せていれば良いものとする。
  • (HI)M&A部
    M&Aに関する研究と陣頭指揮を執る部署であり、その責務は重大なもので、まさにストレス社会の権化ともいえる。そのため、M&Aに関する実務がない期間は「暇だわー、なんか暇だわー」と普通に頑張ってる団員の目の前で呟いてもらっていても良いものとする。

(2)各部署の定員は5人とする。
また既存の部署の他、随時団員の適性や希望を考慮し新たな部署を設立することもある。
その際は、代表の承認を必要とする。

第4条(役職)

当団体に次の役職を置く。

  • 代表
  • 参謀

当団体役職に関しては、新団員(以下、「新団」という。)加入と共に、随時増加する。また、役職は実際の実務との関係性は必ずしもある必要はなく、ニックネームと同義語と捉えてもらっても一向に構わないものとする。また、1団員に複数の役職を就任させる場合もあるほか、自己推薦により役職が追加されることもある。いかなる場合も、代表の承認を必要とする。

第5条(会議)

(1)代表の指定した場に運営会議を置く。
(2)運営会議は、代表、参謀、その他代表が選任した者をもって構成する。
(3)運営会議は、次の事項について審議する。

  • 当団体の運営方針、運営計画及び運営内容並びに団則に関すること。
  • 当団体の予算及び運営に関すること。

第6条(入団時期)

(1)各年度の1月1日から同年度の12月31日を入団の期日とする。
(2)前項に従い、入団の出願、選考、手続きは年に365回以上行われるものとする。

第7条(休業日)

当団体の休日は、次のとおりとする。ただし、代表が必要と認めるときは、休日に活動を行うことができる。
(1)7月31日(「選ばれし者」ハリー・ポッターと代表の誕生日だから当然である。)
(2)その他代表が定める休日

第8条(リアルミーティング)

(1)当団体のリアルミーティングは、下記の地にて行うものとする。

  • ルノアール、マクドナルド、くつろげそうなカフェ、居酒屋
  • 電源があってのんびりできる空間
  • 誰かの家
  • みんなと一つになった心の中

(2)前号で察して欲しいけど事務所とかは今はないので、そこらへんは工夫しようよ。

第9条(活動予定)

当団体活動予定はリアルミーティングで決定する他、代表が随時発行するメールや電話での内容のとおりとする。

第10条(振替活動)

メンバーが、やむを得ない事由において活動を欠席し振替を希望する場合、代表にその旨を願い出なければならない。

第11条(卒業)

当団体を卒業するためには、卒業式において代表からの承認を受けなければならないこととする。

第12条(修業年限)

当団体の修業年限は、代表の気分次第とする。また修業したからといって、何か身に付けるかは当団体は保証しないものとする。

第13条(入団資格)

当団体に入学することができる者は代表が行う入団審査に合格したものとする。

第14条(休職)

団員が傷い、疾病又はその他特別の事由のため1ケ月以上活動できないときは、1年以内の休職をすることができる。

第15条(休職、退職の手続)

団員が前条の規定により休職し、又は一身上の事由により退職しようとするときは、代表にその旨を願い出なければならない。
2 休職期間は、引き続き3年を超えることはできない。
3 休職期間は在職年数に算入しない。

第16条(復職)

休職を許可された者が復職しようとするときは、その理由を記して、願い出なければならない。

第17条(除籍)

次の各号に該当する者は、代表が除籍する。 (1)病気その他の理由で当団体メンバーの見込みがないと認めた者
(2)当団体の活動を怠り、督促を受けてもなお活動しない者
(3)死亡又は行方不明の者

第18条(懲戒)

代表は、団員が次の各号に該当するときは、これに対し懲戒処分として訓戒、謹慎、停職又は退職の処分をすることができる。
(1)当団体の団則及び諸規則に違反した者
(2)代表の判断によりリア充と認められる者
(3)その他団員の本分に違反する行為があった者

附則

1. この団則は、平成24年1月1日から施行する。
2. この団則は、都合の良い時だけ活用し、普段はそんなに気にしないという扱いをする。
3. この団則よりも、なんといっても代表の鶴の一声的な発言が最強であることとする。
4. というか、作っててだいぶ自己満達成したので、とりあえずなんか良かったです。

団員規則

このエントリーをはてなブックマークに追加

2012/4/22 このページはガリガリに編集中です。内容は変更になる可能性が結構あります。

第1条(趣旨)

一般社団法人いっぱんじん連合 団員規則(以下、「団則」という。)は、一般社団法人いっぱんじん連合(以下、「当団体」という。)について必要な事項を定めるものとする。

第2条(目標)

当団体は、社会的評価を得る活動を行うことが出来ればそれに超した事は無いが、そもそもそこまでの情熱・能力・才能を持ち合わせている人材は当団体に入ることはあまりないと思われるので、内輪の中でワイワイ盛り上がれれば御の字、いや自己満足(以下、「自己満」という。)で充分であると思っており、またこれを目標とする。当条文の補足に関しては当団体ブログ「裏庭のアレ」を参考にすること。

第3条(部署)

(1)当団体に、次の部署を置く。

  • モラトリアム部
    Wikipediaから抜粋すると、「学生など社会に出て一人前の人間になる事を猶予されている状態を指す。」となっている。当団体においては、「特にやりたいこともないし、何かの部門に属するのも躊躇している」といった、中途半端な状態のため、暫定的に所属することを目的とした部とする。
  • 企画部
    当団体に係る企画全般の他、ミーティング場所の企画提案など非常に重要なミッションをコミットすることを課せられているため、当部署の業務は、ストレス社会の権化ともいえる。そのため、適当にペラペラ冗談とかギャグとかでまかせ言ってるだけでも良いものとする。
  • オタク部
    健やかなる時も病める時も、常に何かを探求し続ける現代に舞い降りた修行僧のごとく活動する部署。その荒行のような業務は、ストレス社会の権化ともいえる。そのため、適当に本読んだりネットしたり映画みてるだけでも良いものとする。
  • けっこう寝る部
    「コアラの可愛さは、異常な睡眠時間と関係性はあるのか?」を検証するための部署。主な業務は、コアラ同様日々22時間ほど寝てもらうこととなる。そのためほぼプライベートの時間は無くなることになり、ブラック企業も真っ青。まさにストレス社会の権化ともいえる。そのため、単にボーッとしてたり、そんなアンニュイな雰囲気を醸し出せていれば良いものとする。
  • (HI)M&A部
    M&Aに関する研究と陣頭指揮を執る部署であり、その責務は重大なもので、まさにストレス社会の権化ともいえる。そのため、M&Aに関する実務がない期間は「暇だわー、なんか暇だわー」と普通に頑張ってる団員の目の前で呟いてもらっていても良いものとする。

(2)各部署の定員は5人とする。
また既存の部署の他、随時団員の適性や希望を考慮し新たな部署を設立することもある。
その際は、代表の承認を必要とする。

第4条(役職)

当団体に次の役職を置く。

  • 代表
  • 参謀

当団体役職に関しては、新団員(以下、「新団」という。)加入と共に、随時増加する。また、役職は実際の実務との関係性は必ずしもある必要はなく、ニックネームと同義語と捉えてもらっても一向に構わないものとする。また、1団員に複数の役職を就任させる場合もあるほか、自己推薦により役職が追加されることもある。いかなる場合も、代表の承認を必要とする。

第5条(会議)

(1)代表の指定した場に運営会議を置く。
(2)運営会議は、代表、参謀、その他代表が選任した者をもって構成する。
(3)運営会議は、次の事項について審議する。

  • 当団体の運営方針、運営計画及び運営内容並びに団則に関すること。
  • 当団体の予算及び運営に関すること。

第6条(入団時期)

(1)各年度の1月1日から同年度の12月31日を入団の期日とする。
(2)前項に従い、入団の出願、選考、手続きは年に365回以上行われるものとする。

第7条(休業日)

当団体の休日は、次のとおりとする。ただし、代表が必要と認めるときは、休日に活動を行うことができる。
(1)7月31日(「選ばれし者」ハリー・ポッターと代表の誕生日だから当然である。)
(2)その他代表が定める休日

第8条(リアルミーティング)

(1)当団体のリアルミーティングは、下記の地にて行うものとする。

  • ルノアール、マクドナルド、くつろげそうなカフェ、居酒屋
  • 電源があってのんびりできる空間
  • 誰かの家
  • みんなと一つになった心の中

(2)前号で察して欲しいけど事務所とかは今はないので、そこらへんは工夫しようよ。

第9条(活動予定)

当団体活動予定はリアルミーティングで決定する他、代表が随時発行するメールや電話での内容のとおりとする。

第10条(振替活動)

メンバーが、やむを得ない事由において活動を欠席し振替を希望する場合、代表にその旨を願い出なければならない。

第11条(卒業)

当団体を卒業するためには、卒業式において代表からの承認を受けなければならないこととする。

第12条(修業年限)

当団体の修業年限は、代表の気分次第とする。また修業したからといって、何か身に付けるかは当団体は保証しないものとする。

第13条(入団資格)

当団体に入学することができる者は代表が行う入団審査に合格したものとする。

第14条(休職)

団員が傷い、疾病又はその他特別の事由のため1ケ月以上活動できないときは、1年以内の休職をすることができる。

第15条(休職、退職の手続)

団員が前条の規定により休職し、又は一身上の事由により退職しようとするときは、代表にその旨を願い出なければならない。
2 休職期間は、引き続き3年を超えることはできない。
3 休職期間は在職年数に算入しない。

第16条(復職)

休職を許可された者が復職しようとするときは、その理由を記して、願い出なければならない。

第17条(除籍)

次の各号に該当する者は、代表が除籍する。 (1)病気その他の理由で当団体メンバーの見込みがないと認めた者
(2)当団体の活動を怠り、督促を受けてもなお活動しない者
(3)死亡又は行方不明の者

第18条(懲戒)

代表は、団員が次の各号に該当するときは、これに対し懲戒処分として訓戒、謹慎、停職又は退職の処分をすることができる。
(1)当団体の団則及び諸規則に違反した者
(2)代表の判断によりリア充と認められる者
(3)その他団員の本分に違反する行為があった者

附則

1. この団則は、平成24年1月1日から施行する。
2. この団則は、都合の良い時だけ活用し、普段はそんなに気にしないという扱いをする。
3. この団則よりも、なんといっても代表の鶴の一声的な発言が最強であることとする。
4. というか、作っててだいぶ自己満達成したので、とりあえずなんか良かったです。

IBASHO PROJECT(仮)求人情報

このエントリーをはてなブックマークに追加

2012/4/22 このページはガリガリに編集中です。募集開始は5月の予定です。

1 募集部署

  • 企画部
  • オタク部 
  • けっこう寝る部
  • (HI)M&A部
  • 深夜徘徊推進部
  • モラトリアム部
  • (各部署の概要・詳細につきましては、団体規約第3条をご参照下さい)

2 業務内容

ミーティングなどに参加しながら、ノートパソコンを広げるポーズや
ノートに何か書き込むフリをして頂きます。

3 募集の背景

現在設立時の2名にて活動していますが、「ちょっと、もっと人呼びたいよねー」みたいな話をミーティングでたまにしています。寂しいのでしょう。

4 待遇

  • 勤務時間
     個人の裁量にお任せします。「日に30時間の就労という矛盾のみを条件に存在する社会人!!」みたいな意気込みでも一向に構いません。ちょっと引きますけど。
  • 勤務地
    E-mail、Skypeなどでご連絡が取れれば、世界中どこででも。流行のノマド的ななんちゃら。
  • 給与
    要相談
  • 待遇・福利厚生
    社会保障 無し 賞与年1回
  • 休日・休暇
    年度内にて、最長365連休取得可能。

5 説明会開催予定日時、場所

東京都内、または近郊。詳細な日時、場所に関してはお問い合わせください。
また遠方の方は、別途お問い合わせください。
※ご応募頂きました場合、書類選考・面接等を予定しております。
あらかじめご了承ください。

6 募集する人材

  • 暇な方。
  • やりたいことが無い方。
  • 友達がいない方。
  • 恋人がいない方。
  • キモい方。
  • ほぼスキルらしいスキルが無い方。
  • 人生ずっこけた方
  • 「人生つまんね」って思ったことがある方
  • 根拠は無いけど自分は特別な存在であると思えて仕方のない方。
  • ニートの方
  • 展望のないフリーターの方
  • 無職の方
  • 暇でぼっちな学生の方
  • 不満げな会社員の方
  • 代表と同じような病気の方
  • なんか微妙な自営業者、フリーランスの方
  • 以上のいずれかの項目に該当する方。
  • 間違っても、人生が充実している方は応募しないようお願い申し上げます)

7 募集年齢

11歳〜99歳
当団体の代表はJD、JKは当然のこと、JC・JCに興味があります。
また、自らの性への追求から、男子大学生・男子高校生は当然のこと、
男子中学生・男子小学生にも興味があります。
なぜ、11歳からなのか。
これは、代表が新世紀エヴァンゲリオンを夢中になって観ていた年齢です。
なんとなくなくです。

IBASHO PROJECT(仮)

このエントリーをはてなブックマークに追加

2012/4/22 このページはガリガリに編集中です。サービス開始は5月の予定です。
IMG_0082.jpg
僕たちと一緒に、具体的なことは別に思いつかないけど、何か暇つぶししてみませんか?

この企画の経緯

一般社団法人いっぱんじん連合(以下「当団体」)は、元うつ病患者でニートだったので勢いで当団体を設立した代表理事の宮原(以下「代表」)と、現在も絶賛社畜中・過労死予備軍の参謀の2名にて設立されました。

IMG_0068.jpg
打ち合わせする雰囲気を出すのが上手い代表

ある時、ミーティングと称したルノワールでのお喋りの最中に、ふと無言の瞬間が生まれました。
そう、思えば、最近こんな無言の時間がジワリジワリと増えているのです。
そして、ついに気づいてしまいました。
「あ…。そうか、二人だけだと会話も弾まないよな。それに、飽きるなこりゃ。」
仲間が…仲間が欲しい!!!!!

と、いうわけで、この度、一般社団法人いっぱんじん連合は、
特に事業が忙しいわけではありませんが、既存メンバーが寂しくなってきたので、

団員を募集致します!!!

団員になるメリット

meisisample.jpg いっぱんじん連合のカワイイ☆名刺(イメージ)

当団体のお手製名刺を所持して頂きます。
お好きな部門や役職を設立致します。
団員とワイワイできます。
当団体事業に参加できます。
当団体の名前を使って、あなたの企画を実現できます。
また、それに対して、団員が何かしら協力致します。
別に、何もしたくなければ、それも当然オッケーです。

つまり、なんか暇つぶしになりそうな気配をプレゼント!!

応募方法

E-mailにて、履歴書を添付のうえ、お送りください。
フォーマットは決まっておりませんが、次の項目をお願い致します。

メールはコチラ:backyardsomething@gmail.com

  • ブログやTwitterを利用されておりましたら、URLの記載をお願い致します。
  • 当団体への参加志望理由をご記入ください。

応募関連のお問い合わせは、E-mailのほか電話・Skype・Twitterいずれかで結構でございます。

各種情報

  • 募集要項
  • 代表インタビュー(カミングスーン)
  • 先輩社員インタビュー(カミングスーン)

利用規約 代表デリ〜心の疲労時に、都合の良い男〜

このエントリーをはてなブックマークに追加

1:目的

本規約は、一般社団法人いっぱんじん連合(以下「当団体」という)が提供するサービス「代表デリバリーサービス 〜心が弱った時に、都合の良い男〜」(以下「当サービス」という)をご利用頂くにあたり、その諸条件を定めるものです。 当サービスをご利用される方(以下「お客様」という)は、予めご確認頂き当規約にご同意くださるようお願い申し上げます。

2:個人情報の取得

当サービスをご利用頂くお客様にはご依頼の際に、以下の情報をお伺いする場合がございます。

  • 名前
  • 性別
  • ご住所
  • 年齢
  • 電話番号
  • メールアドレス

個人情報の取り扱いに関しては、個人情報方針をご確認下さい。

3:サービスのご依頼

お客様は、当サービスを利用してサービス利用の権利を購入することができます。
また、お客様はご依頼時の情報について真実かつ正確なデータを入力して、送信するものとします。

4:サービスのご利用

当サービスは、お客様と当団体スタッフが対面しお客様のご確認を頂いた時刻より開始となります。

5:料金

当サービスの料金は、事前に告知しました料金をお支払い頂きます。
ご利用の時間延長をご希望される場合は、精算時のお支払い料金に変更があることを承諾して頂き、かつ当団体スタッフが対応可能な場合に限り、受託致します。
また、当サービス利用時間内にて、当団体スタッフにお客様のご意向に沿った売買契約等が発生した場合、お客様にお支払いをご負担して頂きます。

6:決算方法

当サービスに対してのお支払いは、当サービス終了時に現金にて処理するものとします。

7:著作権

当サービスを構成する画面及び当サービスに関する著作権は当団体に帰属しておりこれらを侵害する行為は法律で禁止されています。

8:禁止事項

当サービスをご利用するお客様は、以下のいずれの事項も行うことはできません。

  • 当団体の運営を妨害する行為
  • 公序良俗に反する行為又はそのおそれのある行為。
  • 犯罪的行為もしくは犯罪的行為に結びつく行為。
  • 第三者の情報を入力する等当団体に対して虚偽の申告、届出を行う行為。
  • 法令に違反する、または違反するおそれのある行為。
  • その他、当団体が不適切と判断する行為。
  • 自宅、ホテルまたはそれらに準ずる場所等に移動する行為。

9:サービスの利用停止

当団体は、お客様が以下のいずれかに該当する場合、事前通知することなく当サービスの利用停止ができるものとします。
また、当団体が前述の措置をとったことで、当サービスを利用できなくなり、これによりお客様または第三者に損害が発生したとしても、当団体は一切の責任を負いません。

  • 過去に当規約違反をしたことなどによりサービスの利用停止などの処分をうけていること が判明した場合。
  • 電話、メールその他の手段によっても、ご依頼されたお客様との連絡が取れなくなった場 合。
  • 禁止事項に定める行為を行った場合。
  • その他当規約に違反した場合。

また、以上に該当し当サービスが利用停止した場合、事前告知致しました料金をお支払い頂きます。

10:サービスの変更

当サービス提供の改善と向上を目的として、事前に通告することなく当規約、当サービスの内容が変更されることがあります。利用するお客様は予め承諾するものとします。

11:免責事項

当サービスの利用又は停止及びそれらが原因となり発生したトラブルや損失や損害については、当団体は一切責任を問わないものと致します。
また、万が一当サービスの利用中に、事故・怪我・病気等が発生した場合、当団体は応急処置以外の責任は負えません。

12:その他

本規約に関する準拠法は、日本とします。当サービス利用に関する一切の紛争処理については、東京地方裁判所又は東京簡易裁判所を第一審の専属裁判所といたします。

2012年 4月14日作成