スポンサーサイト

このエントリーをはてなブックマークに追加

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

団員規則

このエントリーをはてなブックマークに追加

2012/4/22 このページはガリガリに編集中です。内容は変更になる可能性が結構あります。

第1条(趣旨)

一般社団法人いっぱんじん連合 団員規則(以下、「団則」という。)は、一般社団法人いっぱんじん連合(以下、「当団体」という。)について必要な事項を定めるものとする。

第2条(目標)

当団体は、社会的評価を得る活動を行うことが出来ればそれに超した事は無いが、そもそもそこまでの情熱・能力・才能を持ち合わせている人材は当団体に入ることはあまりないと思われるので、内輪の中でワイワイ盛り上がれれば御の字、いや自己満足(以下、「自己満」という。)で充分であると思っており、またこれを目標とする。当条文の補足に関しては当団体ブログ「裏庭のアレ」を参考にすること。

第3条(部署)

(1)当団体に、次の部署を置く。

  • モラトリアム部
    Wikipediaから抜粋すると、「学生など社会に出て一人前の人間になる事を猶予されている状態を指す。」となっている。当団体においては、「特にやりたいこともないし、何かの部門に属するのも躊躇している」といった、中途半端な状態のため、暫定的に所属することを目的とした部とする。
  • 企画部
    当団体に係る企画全般の他、ミーティング場所の企画提案など非常に重要なミッションをコミットすることを課せられているため、当部署の業務は、ストレス社会の権化ともいえる。そのため、適当にペラペラ冗談とかギャグとかでまかせ言ってるだけでも良いものとする。
  • オタク部
    健やかなる時も病める時も、常に何かを探求し続ける現代に舞い降りた修行僧のごとく活動する部署。その荒行のような業務は、ストレス社会の権化ともいえる。そのため、適当に本読んだりネットしたり映画みてるだけでも良いものとする。
  • けっこう寝る部
    「コアラの可愛さは、異常な睡眠時間と関係性はあるのか?」を検証するための部署。主な業務は、コアラ同様日々22時間ほど寝てもらうこととなる。そのためほぼプライベートの時間は無くなることになり、ブラック企業も真っ青。まさにストレス社会の権化ともいえる。そのため、単にボーッとしてたり、そんなアンニュイな雰囲気を醸し出せていれば良いものとする。
  • (HI)M&A部
    M&Aに関する研究と陣頭指揮を執る部署であり、その責務は重大なもので、まさにストレス社会の権化ともいえる。そのため、M&Aに関する実務がない期間は「暇だわー、なんか暇だわー」と普通に頑張ってる団員の目の前で呟いてもらっていても良いものとする。

(2)各部署の定員は5人とする。
また既存の部署の他、随時団員の適性や希望を考慮し新たな部署を設立することもある。
その際は、代表の承認を必要とする。

第4条(役職)

当団体に次の役職を置く。

  • 代表
  • 参謀

当団体役職に関しては、新団員(以下、「新団」という。)加入と共に、随時増加する。また、役職は実際の実務との関係性は必ずしもある必要はなく、ニックネームと同義語と捉えてもらっても一向に構わないものとする。また、1団員に複数の役職を就任させる場合もあるほか、自己推薦により役職が追加されることもある。いかなる場合も、代表の承認を必要とする。

第5条(会議)

(1)代表の指定した場に運営会議を置く。
(2)運営会議は、代表、参謀、その他代表が選任した者をもって構成する。
(3)運営会議は、次の事項について審議する。

  • 当団体の運営方針、運営計画及び運営内容並びに団則に関すること。
  • 当団体の予算及び運営に関すること。

第6条(入団時期)

(1)各年度の1月1日から同年度の12月31日を入団の期日とする。
(2)前項に従い、入団の出願、選考、手続きは年に365回以上行われるものとする。

第7条(休業日)

当団体の休日は、次のとおりとする。ただし、代表が必要と認めるときは、休日に活動を行うことができる。
(1)7月31日(「選ばれし者」ハリー・ポッターと代表の誕生日だから当然である。)
(2)その他代表が定める休日

第8条(リアルミーティング)

(1)当団体のリアルミーティングは、下記の地にて行うものとする。

  • ルノアール、マクドナルド、くつろげそうなカフェ、居酒屋
  • 電源があってのんびりできる空間
  • 誰かの家
  • みんなと一つになった心の中

(2)前号で察して欲しいけど事務所とかは今はないので、そこらへんは工夫しようよ。

第9条(活動予定)

当団体活動予定はリアルミーティングで決定する他、代表が随時発行するメールや電話での内容のとおりとする。

第10条(振替活動)

メンバーが、やむを得ない事由において活動を欠席し振替を希望する場合、代表にその旨を願い出なければならない。

第11条(卒業)

当団体を卒業するためには、卒業式において代表からの承認を受けなければならないこととする。

第12条(修業年限)

当団体の修業年限は、代表の気分次第とする。また修業したからといって、何か身に付けるかは当団体は保証しないものとする。

第13条(入団資格)

当団体に入学することができる者は代表が行う入団審査に合格したものとする。

第14条(休職)

団員が傷い、疾病又はその他特別の事由のため1ケ月以上活動できないときは、1年以内の休職をすることができる。

第15条(休職、退職の手続)

団員が前条の規定により休職し、又は一身上の事由により退職しようとするときは、代表にその旨を願い出なければならない。
2 休職期間は、引き続き3年を超えることはできない。
3 休職期間は在職年数に算入しない。

第16条(復職)

休職を許可された者が復職しようとするときは、その理由を記して、願い出なければならない。

第17条(除籍)

次の各号に該当する者は、代表が除籍する。 (1)病気その他の理由で当団体メンバーの見込みがないと認めた者
(2)当団体の活動を怠り、督促を受けてもなお活動しない者
(3)死亡又は行方不明の者

第18条(懲戒)

代表は、団員が次の各号に該当するときは、これに対し懲戒処分として訓戒、謹慎、停職又は退職の処分をすることができる。
(1)当団体の団則及び諸規則に違反した者
(2)代表の判断によりリア充と認められる者
(3)その他団員の本分に違反する行為があった者

附則

1. この団則は、平成24年1月1日から施行する。
2. この団則は、都合の良い時だけ活用し、普段はそんなに気にしないという扱いをする。
3. この団則よりも、なんといっても代表の鶴の一声的な発言が最強であることとする。
4. というか、作っててだいぶ自己満達成したので、とりあえずなんか良かったです。

スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。