スポンサーサイト

このエントリーをはてなブックマークに追加

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2012/07/21 「アサーション・トレーニング」?ってのを知りました

このエントリーをはてなブックマークに追加


27時間テレビが気になります



ドラゴンボールの映画最新作が気になってる、
いっぱんじん連合の代表でーす!



さて、唐突ですが、質問です。




(1) お願いごとを断るとき、いけないことしているような気がして、罪悪感を感じたりしていませんか?

(2) 人からあまり大切にされていないとき、自分が劣っているからだと思ってしまいませんか?

(3) 自分の欲求・願望を言うとき、控え目にいうべきだと思ってませんか?

(4) しんどいとき、凹んだとき、嬉しいとき、ムカついたとき、寂しいとき、それをそのまま素直に表現してはいけないと思ってませんか?

(5) 何事も失敗してはいけないと思ってませんか?



あなたが上記に当てはまるとするならば、あなたは性別・役割・年齢・地位などによる固定化されたイメージで行動しており、また社会的につくられたイメージを優先させて自分の行動を規定している可能性があります。



     _人人人人人人人人人人人人人人_
        >    な なんだってー!!    <
        ̄^Y^Y^Y^Y^Y^Y^Y^Y^Y^Y^Y^Y^Y^ ̄
        _,,.-‐-..,,_       _,,..--v--..,_
    /     `''.v'ν Σ´        `、_,.-'""`´""ヽ
    i'   / ̄""''--i 7   | ,.イi,i,i,、 、,、 Σ          ヽ
.     !ヘ /‐- 、u.   |'     |ノ-、 ' ` `,_` | /i'i^iヘ、 ,、、   |
    |'' !゙ i.oニ'ー'〈ュニ!     iiヽ~oj.`'<_o.7 !'.__ ' ' ``_,,....、 .|
.   ,`| u       ..ゝ!     ∥  .j     (} 'o〉 `''o'ヽ |',`i
_,,..-<:::::\   (二> /      !  _`-っ  / |  7   ̄ u |i'/
. |、 \:::::\ '' /        \ '' /〃.ヽ `''⊃  , 'v>、
 !、\  \. , ̄        γ/| ̄ 〃   \二-‐' //`






唐突でしたね。
最初からお話したいと思います。


僕は本屋さんが好きで、よくフラフラと立ち寄るんですが、
先日行った際に驚愕のタイトルの本を見つけたんです。
そのタイトルというのが、


「朝ション・トレーニング」










    |┃
    |┃三    ,ィ, (fー--─‐- 、、
    |┃.    ,イ/〃        ヾ= 、
    |┃   N {                \
    |┃  ト.l ヽ               l
 ガラッ.|┃ 、ゝ丶         ,..ィ从    |
    |┃  \`.、_    _,. _彡'ノリ__,.ゝ、  |     / ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
    |┃三 `ゞf‐>n;ハ二r^ァnj< y=レヽ    < 話は聞かせてもらったぞ!
    |┃.    |fjl、 ` ̄リj^ヾ)  ̄´ ノ レ リ    | とりあえず買うんだ!!
    |┃三  ヾl.`ー- べl,- ` ー-‐'  ,ン       \_________
    |┃      l     r─‐-、   /:|
    |┃三     ト、  `二¨´  ,.イ |
    |┃     _亅::ヽ、    ./ i :ト、
    |┃  -‐''「 F′::  `:ー '´  ,.'  フ >ー、
    |┃    ト、ヾ;、..__     , '_,./ /l




僕の心の中に棲むMMRのリーダー・キバヤシが、そう叫んだのです。

というわけで、とりあえずジャケ買いしました。


家に帰って冷静に表紙を見て、またもや驚愕しました。






アサーショントレーニング






. .: : : : : : : : :: :::: :: :: : :::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
    . . : : : :: : : :: : ::: :: : :::: :: ::: ::: ::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
   . . .... ..: : :: :: ::: :::::: :::::::::::: : :::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
        Λ_Λ . . . .: : : ::: : :: ::::::::: ::::::::::::::::::::::::::
       /:彡ミ゛ヽ;)ー、 . ::: : :: ::::::::: :::::::::::::::::::::::::::::
      / :::/:: ヽ、ヽ、 ::i . .:: :.: ::: . :::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
      / :::/;;:   ヽ ヽ ::l . :. :. .:: : :: :: :::::::: : ::::::::::::::::::
 ̄ ̄ ̄(_,ノ  ̄ ̄ ̄ヽ、_ノ ̄ ̄
「朝ション」じゃねぇ……。





なんか怪しい健康法のくだらない本かと思ってましたが、違ったようです。
ガッカリしましたが、しょうがないので間違って買ってしまった本の紹介でもしようと思います。






「アサーション・トレーニング」というタイトルで、
平林典子さんという方が著者のようですが、

このタイトルにある

「アサーション」とは、コミュニケーションにおける適切な自己主張の方法・考え方

の一種です。



さて、あるアメリカの心理学者が、

「人間関係のもち方には、大きく分けて3つのタイプがある」

といいました。



そのタイプというのが、以下の3つです。



・非主張的

・攻撃的

・アサーティブ




よくわからないので、1つずつダラダラ説明をします。






【非主張的】

このタイプは、「自分よりも他者を優先し自分のことを後回しにするタイプ」です。

具体的には自分の気持ち・考え・意見を表現しなかったり、伝えれないことを言います。あいまいな言い方や、無視されるような消極的態度、小さな声で言う事も含まれるようです。


非主張的な言動をしたあとは

「分かってもらえなかった…」

といった気持ちや傷ついた感じが残ったりすることもあるでしょう。


この「分かってくれない」、そして「(我慢して)黙ってあげたのに」という思いから、

「思いやりの無い人だ」

「っていうか鈍感じゃね?」


などなど、相手に対して、軽蔑の気持ちを持ったりするのです。


そこから、不快感・欲求不満・怒りなどが心のなかに溜まり、
相手への恨みや、関係無い人や場での八つ当たりや意地悪などが表現されることがあります。非主張的な言動によって、あるとき突然、攻撃的になるのです。
いわゆる「キレる」瞬間ですね。

これは、非主張的対応をされた相手もビックリします。
なぜなら、

「同意してくれた」
「譲ってくれた」
「尊重してくれた」

と思っていたのに、後々になって恨まれたり怒りを向けられたら、
ぶっちゃけイミフですよね。






【攻撃的】


逆に、この「攻撃的」タイプは「自分のことだけを考えて他者をふみにじるタイプ」です。

自分の意思や考え、気持ちをはっきり言う事で、自己主張しているのですが、相手の言い分や気持ちを無視、または軽視して、結果的に相手に自分を押し付ける言動をしています。
攻撃的とは、単に暴力的に相手を責めたり大声で怒鳴ったりするだけではないのです。

この言動をしている人は、一見、表情豊か・ハキハキした言い方で堂々しているように見えますが、どこか防衛的で必要以上に威張っていたり、強がっていたりして、自分に不正直です

また、そういった対応をされた相手は、自分の意が通らず服従させられた気持ちになり、傷つき恐れて相手を敬遠したり、怒りを感じる場合もあるでしょう。いずれにしても人間関係は相互尊重にはほど遠く、ギスギスしたものになりがちです。







【アサーティブ】

アサーティブとは「非主張的」「攻撃的」、この2つ黄金率ともいえるあり方で、
自分も相手も大切にしたタイプです。

自分の気持ち・考え・信念などに正直に、率直に、その場にふさわしい方法で表現されます。相手も同じように表現することも奨励します。

その結果、当初は互いの意見の相違で葛藤を起こす事もあり得るでしょう。
しかし、そこから面倒臭がらず互いの意見を出し合って、互いに譲ったり歩み寄り、双方によって納得のいく結論を出そうとするのです。

このような言動は、互いに相手に大切にされたという気持ちをもち、また互いの努力に対して誇らしい気持ちを持つでしょう。

このプロセスでは、より豊かな創意工夫が生み出され、1人の提案より満足のいく妥協案が探り出せる可能性もあります。そんな相互尊重の体験をすることがアサーションです。

辞書ではアサーションとは「主張」「断言」という翻訳が出て来たりしますが、アサーションには「自他尊重の自己表現」という意味があるのです。






3つのタイプを書いたところですが、
「だから、結局なに?」って感じを残しつつ、
話が無駄に長いし27時間テレビが気になって気になって仕方が無いので、

「なぜ、アサーティブな状態になれないのか?」

を次回にまわそうと思います。

「さんま・中居の今夜も眠れない」が楽しみすぎるー!!

つづく

コメント

非公開コメント

トラックバック

http://backyardsomething.blog.fc2.com/tb.php/147-3d5ae998

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。