2012/10/12【実験】転職サイトの職務経歴書に、適当に作った大したことしてない法人のことを記載したら、どうなるか?【開始】

このエントリーをはてなブックマークに追加

久々に転職サイトにログインしました



前職の会社を退職してから1年9ヶ月が経った、いっぱんじん連合の代表ですー!


さて、タイトルについてですが、ついさっき突然思いついた勢いそのままに
開始しましたので、ちょっと書いてみたいと思います。


目的

傷つかない方法

転職サイトに書いてみる

検証方法

最後に





目的


 いっぱんじん連合を登記したのは今年の1月24日でした。早いもので、およそ9ヶ月経とうとしています。この9ヶ月は、これまでの人生に無かったような経験をいくつもしており、とてもとても素晴らしい時間を過ごせているなぁとしみじみ思います。うんうん。





 と、まぁ僕個人としては

 「僕が良いって言ってるんだから、良いじゃん!楽しいよ!」

 と思っているんですが、前々からの素朴な疑問があります。





 それは、

 社会的に、どうなんだろうね?

 ということです。



 元々、「法人作ったらカッコ良くない?超カッコ良くない??」という、そこらへんのタバコとアンパンを白目剥きながら吸ってる高校生よりも遥かに軽率な気持ちを発端に、勢いで適当に登記した当団体。

 お金が発生する活動といえば、深夜徘徊イベントと代表デリバリーくらいです。

 これは一体社会的にどういう扱いになるのか疑問であり、また若干興味が沸きます。というわけで、ぜひとも社会的にどう見られているのか知りたいので、検証したいと思います。以前会社訪問をしてくださったnumb_86さんがたまたま先日書かれていた記事とはある意味真逆のことを求めているのかもしれません。







傷つかない方法

 とはいっても、「社会的にどうか?」なんて、人によって感じることは違いますし、いちいち聞いてまわるのは面倒です。っていうか、キツイこと言われたら凹むので嫌です。


 そこで思いついたのが、転職サイトへの掲載です。








転職サイトに書いてみる


 利用したこと無くても、よくTVCMなどで目にする機会もあるのではないでしょうか?例えば、
スクリーンショット 2012-10-12 1.25.47
リクナビNEXTとか。


 この転職サイトというのは、大学生が行う新卒向け就職活動のように、サイトに自分の情報を登録した後に企業へのエントリーやメールのやり取りを行うマイページを持つことができるのですが、新卒用サイトと大きく違うポイントとして、職務経歴書というものをガッツリと入力しなくてはいけない点です。


 履歴書が年齢や学歴などを確認するものに対して、この職務経歴書は社会に出てからの詳細なプロフィールのような役割をしています。

 どんな組織にいついつからどれくらいの期間在籍して、どんな部署でどんな仕事をしてきたのか、そして最も大事な「つまりー、俺様はこんな経験して実績あるんで、こんなこと出来ちゃうんすわー。スキルありまくりっすわー。ヤベー」というアピール目的の記載をしておきます。企業で面接をする際には『だから、私は◯◯なことが出来ちゃうんで、御社にいたら超貢献できちゃいます!内定くれないと損するよ!いや、マジで!人事、あんたらの目は節穴ですか??』という会話に繋げるのです。

 ここに、今年1月からの『一般社団法人いっぱんじん連合』についての記載を追加してみたいと思います。


 転職サイトは、きっと有象無象にあるでしょうが、今回は僕自身が白目を剥きながら転職活動をしていた際に利用していたリクナビNEXT含めた以下のサイトを使って検証します。

スクリーンショット 2012-10-12 1.25.36
地味な印象だけど、堅実に頑張ってるね!マイナビ転職!!



スクリーンショット 2012-10-12 1.25.51
大学時代、新卒の就職活動ではメインに使ってました。けど、なんかUIが悪くなってないか?!エン・ジャパン!!!


スクリーンショット 2012-10-12 1.25.41
一番知名度無いかもしれないけど、IT企業・ベンチャー企業は大得意だよね!Green!!!





検証方法


 さて、いくら勢いで「気になる!」と思ってやるにしても、就職する気もないのに実際に面接を受けにいって、企業の面接官に「はい、実は私はブログを書いておりまして、そのネタのためにこの度お時間を頂戴いたしました」とか言ったら、めちゃウザいですしリアルに迷惑をかけてしまいますし、さすがにいつも白目剥いてる僕でも罪悪感を感じてしまうので、面接などは受けません。


 そこで、転職サイトでは企業側が求職者の実名等以外の登録データを確認して連絡を送ってくる機能があるので、それの反応・または企業のタイプなどを見て確かめたいと思います。




 各サイトによって記載は異なるのですが、例えばマイナビ転職では
スクリーンショット 2012-10-12 2.05.56
 これらの記載がメールのアイコンにセットで表記されています。

 『WEB DM』は、例えば「営業職を希望している」といったプロフィール設定や、職務経歴書に営業職での経験の記載があれば営業職の募集をしている企業から該当者に一括送信してくる、といった程度の、本当にDMレベルです。

 これが、『スカウト』『非公開求人スカウト』といった記載であれば、『WEB DM』よりかは(企業によって程度・意図は異なりますが)プロフィールなどをチェックしており、「書類の時点での期待値はそれなり」と思ってもよいのではないでしょうか。

 ちなみにリクナビNEXTでは次のような種類の記載分けになっています。
スクリーンショット 2012-10-12 2.06.39
 こちらでも、『オープンオファー』よりかは、『興味通知オファー』『プライベートオファー』の方が、より期待値などが高い評価・印象を(とりあえずは)持たれていると思ってもよいでしょう。





最後に

 昨年、それなりに普通に転職サイトを利用をしていた際には、殆ど『非公開求人スカウト』や『プライベートオファー』といった良い感じの連絡が来ることはありませんでした。

 これで、万が一そういった類いのメールが来ることがあれば、明らかに「退職直後の状態よりも、無職になって1年9ヶ月後&適当に法人を設立した現在の方が、社会的価値が高まっている』と言えるのではないでしょうか!!ね!どう思う?!(白目を剥きながら)

 
 検証は1ヶ月間として、結果は11月半ばに記事を書きたいと思います。

おしまい


コメント

No title

個人的な理由でも非常に結果が気になりますwww。マジで。
結果報告楽しみにしてます!

2012年10月20日02:18 from 通りすがりURL

通りすがりさん

これ、面白い展開になるかなぁと思って始めたんですが、ちょっと雲行き怪しくなってまいりましたww でも、報告はしますので、お楽しみになさってくださいww

2012年10月22日17:52 from 代表URL

非公開コメント

トラックバック

http://backyardsomething.blog.fc2.com/tb.php/160-1b1691f1