ニートが法人作るまでの流れ 第1章〜法人設立を思いつくキッカケはうつ病〜前編

このエントリーをはてなブックマークに追加

ニートが法人作っちゃおうと思った経緯って、どんなんでしょうか?
コーラびしゃー

はい、こんにちは!
一般社団法人いっぱんじん連合の代表理事をしてます、代表です。

前回までの記事はコチラですよ!フフフ!!
第0章〜この記事シリーズの目的




この章では、
「どんなタイミングやキッカケで法人を作ろうと思った・決めたのか」
ということをダラーンと書いて行きます。



仕事が出来ないダメ社員だった代表
大学卒業後に新卒で一般企業に就職した私は、
まぁ自分でも驚く位にマジで仕事ができませんでした。

ありがちなことばかりですけど例えば、
・10言われても1しか覚えられない、理解できない

・メモをとっても間違える

・少しでもメモに書いてないこと、知らない展開になるとテンパってパニクる


・典型的な指示待ち人間
そもそもまず何をすればいいか想像がつかず、
更に誰に何を聞きにいけばいいのかも自分ではわからない。


・先輩社員や上司にとにかくビビる
質問することもコミュニケーションとることも緊張してこわばる。
逆に話しかけられても、緊張してうまく返せない。


などなど。
多分3万字分くらいの例えだって20分もあれば書けそうだよ!エヘヘ!!


これって、多分入社3ヶ月くらいまでの新入社員の悩みだと思うんですよ。
そもそも、ある程度コミュ力あったり基礎能力ある人は、
こんな段階の悩みすら持たない人だっているでしょう。


でも、恐ろしいことに入社3年目くらいまでこの状態だったんです、自分。


そんなこんなで、
「仕事ができない」

「社内・社外に迷惑かけまくる」

「パニック!&ザ・ストレス!!!」

というシンプルな経緯で入社3年目に気づいたらうつ病になりました。
それから、あっという間に休職してしまいました。





うつ病患者のおかしな理屈
休職中、家では毎日布団の中でうつ伏せになりながら、

「あぁ、何でこんなことになっちゃったんだ・・」
「最低限、会社に通うことすら自分は出来ないのか・・・」
「昔ネットで見て笑ってた[うんこ製造機]に、自分なってますやん・・・・」



と、まぁ毎日こんなことばかり考えてました。

(「完全に病んでるwwメンヘラwww」と当時の自分を思い出して笑いながら人に話したりする時ありますけど、「いや、お前が言うとリアルすぎる」と参謀には言われます。えー?なんかごめんねー??


そして、こうも思いました。

「こんな社会の中で何の役にも立たないクソみたいなカスな自分は、まともに会社員なんて出来ない。」



そして、ついにこう思うようになってしまいました。

「普通に会社員できないなら・・・、
そうだ、
起業すればいいじゃん!誰にも迷惑かけずに一人で生きていけるじゃないか!!」



はい。現実逃避の手段として、

「起業すれば俺は大丈夫なんだ!助かるんだ!!生きててもいいんだ!!!」

という結論に持っていくことでとりあえず心を落ち着かせるようになりました。

怖い!メンタルがイカレてるときの人間の発想ってコワイヨー!!

とりあえず「起業」「法人設立」といったキーワードが頭に思い浮かんだ最初のキッカケはこんな感じです。

それから月日が経ち・・・

後編につづく




コメント

非公開コメント

トラックバック

http://backyardsomething.blog.fc2.com/tb.php/17-e4642130