スポンサーサイト

このエントリーをはてなブックマークに追加

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2012/12/15 うつ病真っ盛りの頃の日記が出て来たので、読み返してみる(中野ブロードウェイ編:2010年1月3日分)

このエントリーをはてなブックマークに追加

年の瀬ですね。(言ってみただけです)



IMG_1582.jpg


こんにちは、人とランチをしただけで一日やりきった感が出て、その後寝て過ごすことがよくあるいっぱんじん連合の代表です。


『引っ越し準備のために部屋をガサゴソしてたら、うつ病時代の日記が出て来たので晒してみようシリーズ』の第3回目です。前回分は以下にリンクを貼っておきますので、宜しければご確認ください。

・宝くじ編:2010年1月1日

・家族にカミングアウト編:2010年1月2日





というわけで、今回は2010年の1月3日分の日記です!前回と同じく「※◯」という部分以外は、オリジナルの日記そのままです。

今回は、またお正月真っ盛りの最中に、友達から電話がかかってきたこと書いていました。当時はかなりどうでも良かったことだと思いますが、今読み返すと、意外と大事なポイント書いてある気がしました。





IMG_1656.jpg


1月3日 日曜 中野ブロードウェイ


昼間、ヴンさん(※1)からTELがあった。

「スマン、中野ブロードウェイが今日やってるかネットで調べて欲しい、あけおめ」(※2)

と。
どーやらクロスケ先生(※3)と行く流れだったようだ。

そのブロードウェイだが、テナントの店舗によって営業日が違うらしいので、そう再連絡した。そんな1日だった。(※4)








補足とか読み返して思ったこととか


※1:急に「ヴンさん」という、よくわからない人の名前が出てきましたね。この人は、前職の会社で僕と同期入社した女の子です。彼女とは普通に友達として今でも連絡取ってますが、当時人事関係の部署にいたこともあり、休職した経緯もその後のこともよく知っていました。




※2「中野ブロードウェイ」とは東京都の中野にある、長い歴史を持つ複合ショッピングセンターです。レトロな飲食店やオタク向けの本屋、フィギュアショップなどが入り交じってる面白スポットです。

ヴンさんたちは思いつきで急遽中野ブロードウェイに行くことになったため、全然調べてなかったようです。今なら「スマホで調べればよくね?」となりますが、この頃は一部のiPhone大好きッコは別として、世間一般ではガラケー率が今よりも余裕で高かったころかと思います。(iPhone4の発売は、この年の6月でした)

「あけおめ」と、最後にとって付けたように言ってますが、ヴンさんの性格上かなり心がこもってない「ついで」感がパない「あけおめ」だったハズです。





※3:また急に、なんだか意味不明な人物名が出て来ましたね。「クロスケ先生」というのは、ブンさんの親友の女の子です。何度か一緒にゴハン食べたりしたこともありますが、ブンさんとの話ではよく出てくる人物です。




※4急にまとめましたね。この日は「中野ブロードウェイについて調べた」だけの1日だったようです。









僕はネット上でも実際に人と会う時でも、「うつ病でしたよーん!」というのは割と公言しています。その為、時々うつ病のことについて質問されたりもします。

もちろん何の知識も無い素人なので「僕の主観ですよ?」「僕個人が経験上思ったことですよ?」「多分、人によって千差万別ですよ?」と必ず前置きで言うようにはしていますが。



今まで何度か人に聞かれたことがあり、つい最近も人と話したことなんですが、

「うつ病の人と、どう接すればいいんですかね?」

というのがあります。



これ難しいです。この質問に対して僕個人の経験上思っている話をするだけで、ブログにしたら結構な量になっちゃうんですが、ザックリ僕個人が今でも思うこととしては、

「その人の身体の状況・話しかける側の人との関係によってどう接すればいいかは変わると思います」

っていう、つまんない答えになっちゃうんです。




いや、何の話をしてるんだって感じですよね。

この日記だと正月早々、

「中野ブロードウェイって今日やってるの?つーか、調べてくれない?」

って突然言われてるんですよね。


これ、体調の波が悪いときだったら死ぬ程ダルいっていうか辛いことです。

普通に起きてるだけでもシンドいのに、何かをしなければいけない・早くやらなくちゃいけないっていうタスクが発生するだけで辛さ倍増だったからです。


でも、僕の記憶だと結構普通にPCで調べて折り返し電話で連絡したんですよね。



1つ大前提としては「このとき、体調は結構良かった」っていうのはあると思います。なぜなら、そもそも体調悪かったなら僕は電話もメールもシカトしてたからです。部屋の隅に携帯を投げて、頭から毛布被って丸まってました。


それを前提として、ですが「あ、このやり取りって何か良いなぁ」と日記を読み返して思ったんです。







「病人だけど、病人扱いされたくない」的な


(口酸っぱくして言いますが、これは「僕個人の主観」です。)

僕のなかで当時よく思ってたのが、仲の良い友達には「病気であることをちゃんと理解してもらいつつも、病人扱いされたくない」というのがありました。

ちょっとでも、「…大丈夫?」みたいないかにも体調悪い人を気遣うときの表情・口調・扱いをされたくないって思ってました。


つまり、ふつーでいて欲しかったんですよね。病気以前と変わらない付き合いをして欲しかったんです。


その点、この時のヴンさんの電話は、なんかバッチリだったんですよね。


超困ってる!どうせ、家でしょ?!パソコンの大先生(笑)なんだから、ササっと調べて! はよしろ!!


みたいな、昔も今も変わらない、余計な気遣いの無い普通のやり取り。これが、当時の僕はきっと嬉しかったハズです。






ということで、うつ病の知り合いがいたら正月に「中野ブロードウェイってやってるの?!」って電話を急にしてみると、もしかしたら良いのかもしれませんねー(適当) 

ということで、また日記をそのうち読み返してネタに出来そうなのがあればブログにしたいと思います。


おしまい


コメント

非公開コメント

トラックバック

http://backyardsomething.blog.fc2.com/tb.php/180-a3b43ce7

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。