スポンサーサイト

このエントリーをはてなブックマークに追加

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ニートが法人作るまでの流れ 第2章〜法人の種類を決めよう!一番安くて簡単そうなヤツがいいな!〜

このエントリーをはてなブックマークに追加

「法人を作るぞー!」→「法人形態はどうしよう」
そんなときって、よくありますよね?あるんじゃないの?
俺、そうだったんだけど。あれ?あっれー?

犬はさまる


一般社団法人いっぱんじん連合 代表理事の代表でございます。
前回までの記事はコチラですよ!フフフ!!
第0章〜この記事シリーズの目的〜
第1章〜法人設立を思いつくキッカケはうつ病〜前編
第1章〜法人設立を思いつくキッカケはうつ病〜後編




法人の種類と設立条件の比較
さて、「法人を作ろう!」と思った私は、
まずGoogleで「法人」と検索しました。


そして先頭に出たWikipediaを10秒くらいスクロールして、
表示されてたタブをそっと閉じました。

なんか、いっぱい漢字が表示されてるの見ると視力に悪いですからね。
身体が資本です。


次に、「法人 種類」 「法人 比較」などでチョコチョコ検索してみました。

法人といえば、まず「株式会社」がメジャーですが、
でも、最近は「NPO法人」とか「合同会社」とか色々あるって、
なんか聞いたことあります。


ササッと調べて、よく目についた種類と候補は次のとおりです。

・株式会社   (メジャー)

・合同会社   (マイナー)

・NPO法人   (なんか年々良く聞くようになった)

・一般社団法人 (存在は知ってるけど、微妙。よくわからない)

・海外法人   (なんか面白い響き。代行業者とかあって、アメリカとかの法人作れるみたい)




また、検索するうちに法人を設立する際の条件は、
色々違うということがわかりました。
ザックリ分けると、

・設立費用

・設立時人数

・手続き完了期間  



などですね。




法人形態の決定理由は「めんどくないヤツ」
私のボンヤリとした希望は次の通りです。

・費用  →  安いほうがいい。お金かけたくない。

・人数  →  できるだけ少ないほうがいい。おおごとにしたくない、めんどい

・手続き →  できるだけ簡単にササッと済ましたい。めんどいとテンション下がる



さてさて、自分の希望と各法人の諸条件を(10分くらい)比較・考慮した結果、
とりあえず一般社団法人にすることに決めました。

理由としては、まずは次の通り。

・設立費用が安い     → 登記するまでの費用が11万円程度。

・設立が早くて簡単らしい → それはありがたい。

・登記する際の人数は2人  → 自分も含めてだから、あと1人誘えばいいのか。だったら何とかなりそう。




そして、とても興味深いと思ったのが、

・トップの肩書きは「代表理事」
カッコいい。代表理事って。
漫画だと「○○学園の理事」とか「○○病院の〜」とか、
そういうキャラに使われるイメージ、代表理事って。
「代表取締役社長」もカッコいいけど、

今は「代表理事」の時代だな。うん、なんかそんな感じしてきた。


・微妙な存在感
「一般社団法人」って、微妙な存在なイメージがあるんですよ。
「営利活動」でも「非営利活動」でも、どっちも選択することが可能。
それこそ、サークルとかの延長でも作っていいとかなんとか。

自分が作る法人のイメージにすっごい、ピッタリな気がした。


というわけで、一般社団法人を設立しよう!と決まった私は、
次に設立に必要な社員を一人勧誘することになるのでした。

つづく

コメント

法人税などはどうしていますか?

2013年10月27日15:10 from 匿名希望URL

非公開コメント

トラックバック

http://backyardsomething.blog.fc2.com/tb.php/20-8b820ab4

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。