2013/06/07 うつ病リワーク研究会 会員医療機関である東京足立病院のデイケア科に行ってみました

このエントリーをはてなブックマークに追加



あ〜、英検4級持ってて良かった



みんなー!リワークしてる〜??リワーク、しちゃってる〜?


あ、いっぱんじん連合の代表です。


僕は横文字の単語を覚えるとドヤ顔で連呼する癖があるんですけど、必然的に「リワーク」という言葉も覚えたてです、はい。


というわけで、今回はリワークプログラムを行っている、東京足立病院デイケア科に行ってきましたよ!



・リワーク?

・というわけで、検索してみた

・いってみた

・プログラム概要

・プログラム内容

・最後に








リワーク?



あー聞こえる聞こえる。「そもそもリワークって何だよ、黙れメガネ。」ですよね。わかります。はい、わかります。


「リワーク」とは英語的には『Re-work』と言います。英検4級という社会的に認められたライセンスを保持している僕には簡単な問題でしたけども。


『リワーク(Re-Work)』とは、


ある程度まで回復した休職中のメンタルヘルス不調者を対象に、復職に向けたウォーミングアップを行うことをいいます。

いきなり職場へ戻って働きはじめるのではなく、専門の公的機関や医療機関などに通い、オフィスに似た環境で実施されるさまざまな復職支援プログラムを通じて再発リスクを軽減。

療養生活から本格的な職場復帰へ、無理なくスムーズに移行させるのがねらいです。




だそうです。コトバンクさんから引用すると。


このリワークプログラムの必要性は、「復職準備性」という概念のもとによく語られるようです。


例えば、うつ病などになり仕事を休み通院して療養した後に調子が良い感じになったからといって、「復活ッ!!」ということで、すぐに復職して実際に会社で仕事をするというのはなかなか難しいです


満員電車のなか大変な思いをしながら通勤をしなくてはいけなかったとしても心身には慣れが必要ですし、業務中に人とコミュニケーションをとるという当たり前の行為だけでもストレスを生じます。


「会社で働く」とは、様々な要因で身体的にも心理的にも負荷が加わるわけですが、それらにどの程度耐えていけるのかという、体調・作業能力の総合的な改善度をまるっとまとめて「復職準備生」という概念で考えているわけです。


その「復職準備性」を確認するプログラムが「リワークプログラム」なのです。


詳しくは後述しますが、プログラムでは、


「疾病の知識を得ること・自らの症状をコントロールしていくこと・集団での協働行動・心理学的な手法を用いた自らのケアへの援助」




などが行われます。


プログラムを通して、医師は参加者の症状の安定度・回復度を観察し、スタッフはプログラム中の行動や集団への適応生などを観察し、復職準備生を総合的に確認していきます。


みたいなことが、この本にまるまると詳細に書かれていました。



P1000245.jpg
「うつ病リワークプログラムのはじめ方」
監修:秋山剛 著:うつ病リワーク研究会








というわけで、検索してみた



とりあえず、「リワーク」で検索してみましたら、トップに「うつ病リワーク研究会」というサイトが出てきました。ヤダ…ググったらトップに出るとか、SEO対策は完璧…?




スクリーンショット 20130606 210317
あら、爽やか&涼しげなサイトデザイン




そして、全国にあるリワークプログラム提供のページが出てきました。




スクリーンショット 20130606 210401
全国にあるらしい



というわけで、見てても何だかよくわからないので、とりあえず病院に行ってみることにしました。






いってみた


はい、というわけで、とりあえずサイトにリンクされていた医療機関に行ってみました。



P1000190.jpg
最寄り駅の「竹の塚」駅。久々に来ました




ここから、バスに揺られること数分。「団地入口」駅で下車すると、




P1000191.jpg
おー、「ザ・病院」な感じ!






P1000192.jpg
はい、目的の「東京足立病院」です




見学の連絡をしたので、デイケア科を担当されている精神保健福祉士の方に対応して頂きました。あ、内部の様子とかの画像は全然無いです。察して!大人な理由、察して!!



病院内を移動して、デイケアエリアの部屋に入りました。
そこでは、こんな資料を見ながら説明を受ける僕。





P1000246.jpg
あら、涼しげなお花が表紙なのね



内容はこちらにPDFリンクがありますので、試しに閲覧してみてくださいませ。→リンク







プログラム概要


こちらのプログラムの対象は、主に次の3つに当てはまる方だそうです。


1:うつ病での休職中で、復職を目指している方
2:リワークデイケアにより、復職が見込まれると判断される方
3:その他、プログラム参加にあたって支障のない方




3についてですが、基本的に集団によるプログラムなので、「集団に入っても大丈夫かな?」という判断が必要になるようです。所謂、対人緊張などが発生してしまう方は少し難しいのかな、というお話でした。


プログラムのスケジュールは、基本的には週5日(月・火・水・金・土)の9:30〜15:30。プログラム期間はおよそ3ヶ月〜6ヶ月。

 
一応3ヶ月で終了する構成だそうですが、参加のタイミングによっては途中参加になったり、開始時期を待ってもらったりで6ヶ月となる場合もあるようです。


また、休職期間が3ヶ月を切っている場合では、1〜2ヶ月のプログラムに変更したりなどの対応になるそうです。「週5日」っていうのも、体調に応じて個別に減ったりするとのこと。そりゃそうですよね、色々ありますから。


費用に関しては、1日毎の計算になるそうです。
ザックリ言うと、


通常の健康保険  ⇒2,460円/1day
自立支援医療申請 ⇒820円/1day




「自立医療支援」制度というのは、これまたザックリ言うと、申請した疾患に対しての治療費が健康保険から更に1/3になるというお得サービスです。正確には収入額などによって個々人によって適応内容が変化するんですが、とりあえず僕も通院していた際は利用していました。⇒厚生労働省のリンク






プログラム内容


実際に、時間ごとに行うプログラムについても説明をしてもらいました。別の資料になりますので、こちらもPDFリンクをご確認頂ければと思います。⇒リンク


一週間の恒例の課題として、


・一週間の生活チェック表をつける
・リワークプログラム日誌をつける
・朝、帰りのミーティング
・百マス計算、文章入力(⇒集中力を高める効果)




というのがあるそうです。なるほどなるほど。


月曜日午前の「個人ワーク」というのは、具体的には、


・検索修正(⇒紙と電子データの文章比較して間違い探し・校正作業)
・日経TESTワークブック(⇒情報収集能力を高める)
・事務問題、公務員試験、ビジネス能力検定過去問(⇒読解力と集中力を養う)




ということをやっているそうです。


火曜午前の「自己洞察・病気の振り返り」という時間帯では、


・病気に至った経緯
・これまでの仕事のスタイル
・自分自身・会社の要因




ということについて思い出し、参加者の前で発表するそうです。


火曜日午後の「運動・スポーツ」では、


・ストレッチ
・ルームランナー
・エアロバイク
・マッサージチェア
・リラクゼーションチェア
・卓球
・ビリヤード
・カーヴィーダンス
・ウェルネス体操
・太極拳




といった内容を楽しくやってみるようです。カーヴィーダンスとか!超やってみたいんですけど!!


水曜午後の「プレゼンテーション・ディスカッション」では、

・個人またはグループで
・テーマを決めて発表
・グループ発表はプレゼン・リーダー・書記・発表者等役割を決める
・テーマ内容は、「ロジカルシンキング」「ファシリテーション」「ホウレンソウについて」「上手な断り方について」「コンセンサスゲーム」「商品企画」など様々




だそうです。実際にやっているところは見学してないのですが、こういった内容は復職前に体験すると感覚を取り戻すのに役立つんだろうなぁとか思いました。


金曜午前の「趣味講座」では、記載されているヨガや陶芸以外にも、卓球であったりトールペイントという手芸のようなこともやっているそうです。






最後に


僕は実際リワークプログラムは体験したことがなく、また今回も実際にプログラムの見学は出来なかったので、とりあえず資料に記載されてない内容について補足してみました。


資料を見ながら担当の方のお話を聞いてて思ったんですが、これは結構楽しそうですね。楽しそうっていうのは誤解を招くと思うんですが、卓球とか文章入力とかできたり、参加者の方と色々お話できるだなんて、正直僕自身療養中はやりたくても全然出来なかったことだったからです。


プログラムによる効果も勿論重要だと思いますが、普通に家族以外の人と会えて、決まった曜日・時間に自分が出かけれる場所があるっていうだけでも、何か違うのかなぁとか。そんな浅い感想を持ちました。


というわけで、東京足立病院さん、ありがとうございましたー!!



おしまい






コメント

非公開コメント

トラックバック

http://backyardsomething.blog.fc2.com/tb.php/205-cdf0039c