スポンサーサイト

このエントリーをはてなブックマークに追加

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2013/09/02 第九回深夜徘徊イベント:残暑百者語のご報告

このエントリーをはてなブックマークに追加





祝 100人突破


P1000342.jpg





今晩は、8月はジュースとアイスを暴飲暴食することで無事乗り切りました、いっぱんじん連合の代表です!


さて、先日行いました9回目となる深夜徘徊イベントのご報告をしたいと思います。今回もいつも通り、至らぬ点や楽しいこと、驚いたことが沢山ありました。


その1つとして、受付が終わった時点でこれまでの深夜徘徊イベントの合計参加者様が100名を超えました。


これが多いのか少ないのか一般的な感覚はよく分からないのですが、思い返すと去年の5月に開催しました1回目のイベント時には、冗談抜きで「2〜3人申し込みがあれば奇跡」くらいの感覚でいましたので、それが100人て。この事実に、個人的には「超スゴい!ううん、コレ超しゅごいのおぉぉぉおお!」という天井知らずのハイテンションになりました。


また、ずっと東京らへんで開催してきた当イベントに、これまで富山県・福島県・北海道といった遠方からご参加してくださった方がいらっしゃったのですが、今回もまた北海道から参加してくださった方がいらっしゃいました。関東地方を除くと、最も参加者の多い都道府県が北海道になってしまいました。何それ怖い。


ちなみ、その北海道からご参加くださった方は、この靴で10kmほど歩き続けました。





IMG_2353.jpg
ペタンコの5本指シューズ。何コレ、北海道の人、超コワい






と、今回も色々思うことがある深夜徘徊イベントでしたが、当日の様子をサクサクっとご紹介しまーす!



◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆

<追記>


深夜徘徊関連の新サービスです!


▷東京で深夜徘徊した方同士を紹介・仲介する無料マッチングサービス「深夜徘徊.match」開始しました!

続々お問い合わせとご登録頂いております◎



▷深夜徘徊疑似体験カードゲーム「深夜徘徊 - Let’s get together tonight –」

2016年秋に発売開始したカードゲームの製作に協力致しました。「偶然集まった幅広い年代の男女が、終電の時間から朝方まで深夜徘徊をすることになりました」という設定で、深夜徘徊の楽しみ方や魅力や「あるあるネタ」などを知って頂き、深夜徘徊の理解を深めてもらうことを目的としています。

50枚を超えるカードに使われている写真やエピソードは、すべて東京の深夜徘徊の最中に実際に見て、感じて、体験したものばかりです。

実際のカードや説明書に関しては、【コチラ】からご覧頂けます。
そして、ご購入は通販にて【コチラ】からお求め頂けます。


こちらも、どうぞよろしくお願いしまーっす!

◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆



・はじめに


・概要


・辰巳(23:30〜)


・都営辰巳一丁目アパート(24:15〜)


・24:30〜(潮見エリア)


・夢の島(25:20〜)


・新木場車両基地(26:30〜)


・荒川大橋(27:30〜)


・葛西臨海公園(28:30〜)


・最後に











はじめに




もしよろしければお願いしたいのが、読んで頂く前にPCやケータイ(スマホ)の画面の光度をなるべく上げて頂きたいです。


今回のコースは都心からどんどん離れていくということもあり、残念ながらデジカメで撮った画像がなかなかの暗さのものが多いです。なので明るくしてもらった方が、風景が分かりやすいものがあるなぁと思った所存でございまする。







概要



さて、当日はこういった時間帯の流れでイベントをやらせて頂きました。



日時:8月31日(土)

集合場所:有楽町線 辰巳駅付近

23:45〜 開会式

24:05〜 徘徊スタート!

27:50〜 ゴール



そして、肝心のコースは次の通りです。(⇒Mapionリンク


簡単に通ったエリアを言いますと、辰巳駅⇒潮見⇒夢の島⇒新木場⇒湾岸道路⇒葛西臨海公園といった流れになります。


というわけで、画像を交えてスタート地点から順番にいきまーす!






辰巳(23:30〜)


23時過ぎにスタッフ3名(山口あべ)が集合地点でもある辰巳駅周辺に集まりました。


おっと、もう既に夜も深まっていて薄暗いですからね。ちょっと目立つ感じで参加者様をお待ちしていないと、集合できませんね。







P1000343.jpg






P1000346.jpg








P1000349.jpg














P1000350.jpg
日本の未来は明るいぜよ。(左:27歳独身 右:29歳独身)





と、こんな風に遊んでいるうちに、参加者の皆様には時間通りお集り頂き、





P1000352.jpg
開会式などを簡単にさせて頂いた後に、深夜徘徊スタートしました!











都営辰巳一丁目アパート(24:15〜)




P1000340.jpg




さて、スタート地点の辰巳駅から開始しました当イベント。


あ、そうそう。日付的には9月1日になっていましたイベント当日ですが、やっぱまだまだ夏っぽい蒸し暑さも余裕でありました。なので、今回はこんなのを配布させて頂きました。


P1000509.jpg
深夜徘徊うちわ





P1000510.jpg
100均の2枚1組のうちわにシールを付けると、すごくソレっぽくなる





そして、風が吹いていても知らず知らずのうちに大量の汗をかいてしまうこの季節。深夜帯とはいえ熱中症といった状態にならないように、自由が丘エリアに店を構える超名店「OYATSUYA SUN」から塩分も含んだ超美味しいオヤツ「ごろごろチーズと黒胡椒のスコーン」をご提供頂きました!!







P1000511.jpg
すいません。画像撮る前に素で食べちゃいました





さて。正直言いますと、僕は「辰巳」って、今回のイベントで初めて来た場所でした。なので、「なんか楽しめるポイントってあるのかなぁ?聞いたことないけど」と思い期待していなかったのですが、意外な見所がありました。


それが「都営辰巳一丁目アパート」です。


近隣エリアの晴海だの豊洲だのお台場だの勝どきだのが、再開発により高層タワーマンションや大型商業施設だらけなのに対して、こちらは1967年(昭和42年)に建設されたかなり歴史と趣きがある団地です。


約14万㎡の敷地に60棟を超えるアパートが立ち並ぶ様は、なんかスゴイです。戸数も3,314戸あり、現在も多くの人が住んでいるため、なんともいえないリアル感も兼ね揃えた雰囲気。


P1000339.jpg
案内図のひび割れ感もリアルです





P1000373.jpg
ベランダも無ければ、殆ど室外機も見えないアパート





P1000362.jpg
団地内なのに、何か飲み屋的な店舗が





P1000364.jpg
団地内なのに、ちょっとした商店街エリアも





この団地内、本当に残念ですがビックリするくらい灯りがなかったためご紹介できるような写真が無いのですが、昼間の敷地内の様子をまとめた素晴らしいブログがありましたので、こちらでレトロ感をご覧ください。(⇒日本給水党(団地給水塔鑑賞ブログ)様リンク







24:30〜(潮見エリア)





P1000374.jpg





辰巳一丁目アパートを抜けて七枝橋という橋を渡ると、「潮見」という土地に入ります。




P1000377.jpg
七枝橋。地味だけど良い仕事をします





P1000376.jpg
豊洲の高層マンション群が一望できるのです





IMG_2231.jpg
なので、バッシャバッシャ写真タイム突入です





さて、もし万が一「潮見」に住んでいる方・思い入れがある方がお読みになっていたら非常に申し訳ないのですが、コース上にはビックリするくらい何も無いエリアでした。


何も無さ過ぎて、スタッフ内では下見の時点で「魔の何も無い潮見エリア」という、捻りすらないそのまんまな通称が生まれていました。





P1000382.jpg
唯一役に立ったのは、休憩ポイントに丁度良いコンビニがあったこと





時間帯的にも場所的にも、歩行者もいなければ車もあんまり走ってない。特に目立った建築物なども無い。あんまりにも無い無いづくしだから、





P1000384.jpg
無駄にデカい、ポツーンとあるマンション撮っちゃう





P1000390.jpg
何の変哲もない「魚民」撮っちゃう





P1000391.jpg
その隣にあった「すき家」(客はゼロ)も撮っちゃう





P1000388.jpg
まーたポツンとあった大きめのマンション撮っちゃう





そんな有様でした。今回、たまたま辰巳が10年ほど生活圏だった参加者様がいましたが、その方が「ここらへん(潮見)は東京らしさが何にもない土地なんですよね」と言っていたのが印象的でした。









夢の島(25:20〜)




潮見を通り過ぎ、「新砂」というエリアにちょこっと入り、次の目的地「夢の島」に向かう頃には、車道に一般車両は少なくなり大型トラックなどがビュンビュンと走るようになっていました。






P1000399.jpg
運輸・製造関係の倉庫が増えてきました





P1000398.jpg
なんか風力発電的なクルクル回ってる、気になるヤツがあったり





P1000400.jpg
コクヨの倉庫の横をサラッと通り過ぎていったり





P1000402.jpg
「夢の島大橋」の上からは、ゴールの葛西臨海公園の観覧車など千葉エリアの灯りが見えてきました





P1000408.jpg
この夢の島大橋を渡ると、「夢の島」エリア突入です





が、ここで一瞬ヒヤッとした出来事が。


何日か前から話題になっていたのですが、台風17号が関東に向かって近づいてきていました。しかし天気予報では、「月曜日までは雨は降らない」となっていたので参加者様・スタッフ一同、みんなで安心しきっていました。現に、見上げると雲も少なく星や月がとても綺麗に見えていたのです。ところが、この橋の上を歩いていたら、突然ポツポツと雨が降り始めたのです。「僕の心は絹豆腐」と自称しているくらい弱いメンタルの僕は結構パニックになったのですが、しばらくすると自然に止んだのでした。


ということで隠す事無く露骨にプチパニックを起こしながらも、橋を渡ったところで夢の島について軽く説明タイムを入れました。


「夢の島」という大層なネーミングですが、最初はこのエリアには飛行場が建設される予定でした。昭和14年のことです。ところが、2年後の昭和16年には予定は中止になり、暫くは海水浴場として利用されていたのです。


しかし1950年代に入り東京都のごみが急増したのに伴い、「ごみ問題」が発生しました。そこで現「夢の島」エリアがごみ処分場として指定され、埋め立てが始まったのでした。


1957年から1967年までの10年間、埋め立てが続きました。そして現在の土地の地盤が出来たうえで、1978年に「夢の島公園」が開園され、京葉線の開通の影響もあり以降は人気スポットの1つとして親しまれるようになったのでした。


現在は「公園」や「運動場」といった各施設が整い人気スポットになっていますが、元々遊園地を建設する予定があったらしくその際に関係者内で「夢の島」という名称で呼ばれ始め、実際に江東区に編入される際にもそのまま正式町名として採用されるのでした。


そんな「夢の島」で、一行が向かった先はコチラ。





IMG_2256.jpg




P1000417.jpg





P1000419.jpg





P1000425.jpg





P1000422.jpg





P1000418.jpg
「東京夢の島マリーナ」です





僕のような下々の人間には馴染みが無かったのですが、東京有数の大規模係留マリーナです。24時間365日利用可能で、いつでも立ち寄ることができます。


100mのプロムナードから数百艇の船が一望できて、景色はバッチリです。都合良くベンチも沢山あるため、ココを2度目の休憩ポイントとしました。


「いやー、6m以下の船であれば年間39万円程度で利用できるらしいんで、僕もそろそろココでマリーナデビューしようと思ってるんですよ、HAHAHA!」


と大きめの声で言ってみたところ、気が滅入るくらい盛大にスベったのは消したい思い出です。




P1000429.jpg
すぐ裏手には自然豊かな夢の島公園があるため、バッタがいました。癒されました











新木場車両基地(26:30〜)




休憩が終わり、ここから一層真っ暗なエリアに入りますので、参加者の皆様には光る輪っかをお渡ししました。





P1000466.jpg
光ってみました





P1000465.jpg
光らせてみました





P1000432.jpg
みんなで光らせつつ、再スタートです





P1000436.jpg
夢の島を出ると、すぐに新木場エリアです





P1000438.jpg
新木場を更に横断すれば、昨年開通した「東京ゲートブリッジ」にも行けます





P1000433.jpg
週末の深夜3時頃でも、運輸関係のトラックはビュンビュン





P1000441.jpg
歩行者も車もいない大きな交差点、超気持ち良い





さて、ゴールも間近になってきた新木場で通ったのが「新木場車両基地」です。有楽町線・半蔵門線・千代田線・東西線・南北線といった地下鉄で利用されている車両の検査を行う場所を高めの歩道橋から見渡せるということで行ってみました。




P1000446.jpg
こんな感じ





P1000450.jpg
なんですけども、





P1000453.jpg
暗くて見えないですね





例の如く灯りが少なく、また柵もあったため綺麗な画像は残念ながら無いので、また昼間の画像を掲載しているブログがありましたのでご覧下さい。(⇒リンク


この車両基地を見渡せる歩道橋を渡ると、荒川沿いに着きました。





IMG_2272.jpg
葛西臨海公園まで一直線「荒川河口橋」





IMG_2271.jpg
奥の方にちっちゃく見える灯りが東京ディズニーランドホテルだったりします





IMG_2279.jpg
荒川と千葉方面を見ながら、黄昏れる雰囲気の一同











荒川大橋(27:30〜)





さて、残るコースはあと僅かです。首都高速と並走する感じの荒川河口橋を渡りきれば、すぐに葛西臨海公園です。というわけで橋&ジャンクションばっかりでしたが、もうたまりませんでした。





P1000468.jpg
橋の入り口らへん。29度って、数字で見たくない事実です





P1000469.jpg
なんていうんですかね〜





P1000480.jpg
オレンジの街灯って





P1000481.jpg
「深夜!!」って感じがするんですよねー





P1000482.jpg
お、これは良いジャンクション感ですねー





P1000485.jpg





P1000489.jpg
奥の方に真っすぐ進めば、すぐに舞浜です





P1000488.jpg





IMG_2301.jpg
あれ




P1000491.jpg
これ、完全に




P1000496.jpg
葛西臨海公園の名所でもある




IMG_2305.jpg
「ダイヤと花の大観覧車」だー!!!











葛西臨海公園(28:30〜)





というわけで、ゴールエリアでもある「葛西臨海公園」に到着しました!ゴール地点まで、あと15分程度で着くのですが最後の休憩を観覧車下でとることにしました。





P1000493.jpg





P1000494.jpg





IMG_2309.jpg





P1000495.jpg










僅か10分の休憩時間のうちドリンク選びに5分費やした後、すごく幸せそうに乳酸飲料をゴクゴク飲んでるスタッフ山口を見た時「あ、休憩挟んで正解だったな」と思いました。




この休憩を終えたとき4時半を過ぎたということで、徐々に空が青くなってきました。





IMG_2312.jpg
草原みたいなエリアも多い葛西臨海公園





P1000500.jpg
バーベキュー場やキャンプ場もあります。
明け方ですが、キャンプ利用客の若いコ達がキャッキャしながら歩いてました






P1000501.jpg





P1000502.jpg





P1000503.jpg





IMG_2319.jpg





IMG_2320.jpg





IMG_2326.jpg





少しずつ深夜から明け方へと変化していくのをじっくり感じながら、29時頃にゴール地点の水上バス発着場に到着しました!









最後に



疲労が溜っている為にベンチに腰を下ろす参加者の方もいらっしゃいましたし、舞浜エリアに見える東京ディズニーランドホテルやシンデレラ城やスペースマウンテンといったディズニーリゾート一帯を眺めてる方、海辺を飛んでるかもめを眺めてる方もいらっしゃいましたが、最後に閉会式を行い、解散とさせて頂きました。





IMG_2329.jpg





IMG_2330.jpg





IMG_2344.jpg





参加者様の中にこのブログを読んで頂いている方もいらっしゃるということで、最後にお礼を言わせてください。タイトルの通り、本当に残暑感がありまくりの気温・湿度で大変疲れたかと思いますが、最後までイベントにお付き合い頂きまして誠にありがとうございました!


期待以下か期待通りか期待以上の内容であったかはわかりませんが、何か少しでも記憶に残るものがあれば嬉しいです。


さて、定期的に行っております当イベント。次回はついに10回目!100人超えて、次は10回目!あれ、イベントの平均参加人数が大体バレちゃう!!!という感じもありますが、またそのうち告知をするかと思いますので、もしご興味わきましたら、ご参加頂ければと思っています。その際は、どうぞよろしくお願いしまーす!!



◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆

<追記>


深夜徘徊関連の新サービスです!


▷東京で深夜徘徊した方同士を紹介・仲介する無料マッチングサービス「深夜徘徊.match」開始しました!

続々お問い合わせとご登録頂いております◎



▷深夜徘徊疑似体験カードゲーム「深夜徘徊 - Let’s get together tonight –」

2016年秋に発売開始したカードゲームの製作に協力致しました。「偶然集まった幅広い年代の男女が、終電の時間から朝方まで深夜徘徊をすることになりました」という設定で、深夜徘徊の楽しみ方や魅力や「あるあるネタ」などを知って頂き、深夜徘徊の理解を深めてもらうことを目的としています。

50枚を超えるカードに使われている写真やエピソードは、すべて東京の深夜徘徊の最中に実際に見て、感じて、体験したものばかりです。

実際のカードや説明書に関しては、【コチラ】からご覧頂けます。
そして、ご購入は通販にて【コチラ】からお求め頂けます。


こちらも、どうぞよろしくお願いしまーっす!

◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆



おしまい

コメント

No title

暑いのに毎度毎度野郎共の密着写真から始まるのは、もう恒例ですか!しかし、今週はもう寒くなって…、暑さのあるうちにイベントができて良かったですね。

今回は交通関係がメインだったんですか?珍しくNo神社で。マリーナみたいな夜の水辺の黒い水と音がなんか苦手ですが、高架の方はグッドですね。あと、久々にブレた写真が多いww

参加者100人突破おめでとうございます!!!
自分の考えたことで人に喜んでもらえるってのは素晴らしいことですよね!私も楽しませてもらっている一人ということで、あざっす!活躍を見ていて自分も頑張らねばという気持ちになりました。
引き続き次回もよろしくお願いします!

2013年09月04日18:05 from 通りすがりURL

通りすがりさん

そうなんです、もう男同士密着スタートが恒例となってしまいました。恒例化するようなことでもないのですが、そうなりつつありますねw

徐々に夜明けも遅くなったりで本当に季節の変わり目だなぁって実感しますです。

そうなんです!今回は神社仏閣が無かったんですよね、土地柄的に(?)。あと、ブレブレ画像が多いのは、今年に入って大活躍して頂いてるスーパーカメラマンが欠席だったので、初めて僕がメインでカメラ係やったせいですww結構集中してやったんですが、腕が悪かったですwww

100名突破しました、ありがとうございます!m(__)m
おっしゃる通り、人に喜んで頂くのがすごく嬉しいので、人数なんて関係ないって思っているんですけど、でもやっぱり改めて人数確認したら更に嬉しくなっちゃいましたww

こちらこそ、本当にありがとうございます。こうしてブログ読んで頂いてるうえにコメントを残して頂くと、ダラーンとしている僕ですが、僕こそ何か頑張ろうって気持ちにさせて頂いております。

今度ともよろしくお願いします!m(__)m

2013年09月07日09:12 from 代表URL

非公開コメント

トラックバック

http://backyardsomething.blog.fc2.com/tb.php/211-d992c545

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。