2013/10/23 「第十回深夜徘徊イベント:月下参拝」のご報告

このエントリーをはてなブックマークに追加





初めての、小雨降る中でのスタートでした


P1000592.jpg



こんばんは、いっぱんじん連合の代表です。


10月19日(土)の深夜に、10回目の深夜徘徊イベントを開催させて頂きました!


台風26号には被らず良い天気のなかで行えるかと思っていましたが、初めて小雨が降るなかでのイベント開始となりました今回。どんな模様だったのか、僕の主観を交えてご報告させて頂きたいと思います。




・はじめに

・概要

・23:20〜 JR東京駅 北口改札

・24:05〜 丸の内

・24:15〜 皇居外周エリア

・24:40〜 武道館

・25:20〜 東京大神宮

・25:50〜 神楽坂

・26:45〜 江戸川公園

・27:15〜 カテドラル大聖堂

・28:10〜 都電雑司ヶ谷駅 そして

・最後に











はじめに


この記事は、読んで頂く前にPCやケータイ(スマホ)の画面の光度をなるべく上げて頂ければと思います。


明るい画像もありますが、薄暗くて何が映ってるのかイマイチわからない画像も時々あるかと思いますのでどうぞ宜しくお願い致します。







概要



今回はこういった時間帯の流れでイベントをやらせて頂きました。



日時:10月19日(土)

集合場所:JR東京駅 丸の内北口改札前

23:50〜 開催式

24:15〜 徘徊スタート!

28:10〜 ゴール!!




そして、徘徊したコースは次の通りです。(⇒Mapionリンク


ザックリと通ったエリアを言いますと、東京駅⇒丸の内⇒皇居外周⇒武道館⇒神楽坂⇒雑司ヶ谷といった流れになります。


というわけで、画像を交えてスタート地点からイベントの様子を振り返りたいと思いまーす!!!







23:20〜 JR東京駅 北口改札



DSC_2834.jpg






夜遅い時間とはいえ駅を行き交う人もチラホラいますので、今回もなるべく目立つ感じで参加者様をお待ちして…いるつもりが……?






DSC_2833.jpg






DSC_2835.jpg






DSC_2838.jpg






DSC_2842.jpg






DSC_2844.jpg






DSC_2840.jpg






昨年10月に復原されました「東京駅赤レンガ駅舎」のドーム天井の造形美にウットリの僕。何よりも大事な参加者様のことを完全に忘れて、心奪われてた僕。東京駅は美しいのです。Tokyo Station is very beautiful.






DSC_2848.jpg
あ、参加者様方には、雨の降るなか定刻通りお集まり頂きました






DSC_2851.jpg
そして、いつも通り、ヌボーっと始めさせて頂きました









24:15〜 丸の内






P1000597.jpg
東京駅の目の前には、丸ビル・新丸ビルが正面にドーン!






P1000603.jpg
その中間には、謎の広場的エリアがドーン!!






DSC_2853.jpg
そこで振り返って頂くと、東京駅の外観が正面にドーン!!!となる算段ですわコレ






ご存知の方も多いでしょうが、東京駅の復原が完了したのが昨年2012年の10月。


むかしむかしの1945年、東京大空襲によってパネェ被害が出て崩壊した東京駅が、60年余りの時を経て現在の復原完成に至ったロマン。そして、そんな赤レンガ駅舎をのんびり眺めれる我々の幸福感。そんなことを、Wikipediaの情報を直前に暗記してエラそうに参加者の皆さんにお話させて頂きました。



P1000607.jpg








24:40〜 皇居外周エリア






P1000609.jpg






日付的には10月20日となっていたこのタイミングで歩いたのは皇居外周。偶然にも、皇后美智子様のお誕生日でもありました。前日くらいにWikipediaで知りましたけど。






DSC_2857.jpg






DSC_2858.jpg
お堀の水面をよーく見てると、魚がピチョンピチョン跳ねてました






夜遅くでも時折、皇居ランナーの方がマジな感じで走っててビックリです。走るの好きだなー。心肺機能を高めたいのかなー。






P1000613.jpg
そりゃもう立ち入り禁止ですわ






DSC_2862.jpg
国家権力がアルソック的な感じで守ってます






P1000616.jpg
公園エリアも、ガッチリ閉鎖中











24:40〜 武道館






DSC_2861.jpg
皇居の周りをグルーっと歩いて移動していますと、






DSC_2868.jpg
事故たてホカホカな車両なんかにも偶然出くわしたりしつつ、






P1000621.jpg
「北の丸公園」のなかに入って行きます






「北の丸公園って何じゃらほい」って感じですが、要は「日本武道館があるところ」です。






DSC_2871.jpg
真っすぐ歩いてると着くらしい






DSC_2872.jpg
首都高なんかも入り口付近では見えたんですが、そこを通り過ぎると、






P1000622.jpg
はい、真っ暗。一人きりだったら失禁しても恥じゃないくらいの真っ暗レベル






この北の丸公園。道が木々に囲まれているので周囲の高層ビルなども見えず、さらに24時になると街灯も一斉に消えるので本当に真っ暗になります。マジで、本当に。お化け屋敷みたいな不気味さですわ。






DSC_2876.jpg
この真っ暗な北の丸公園エリア内の、日本武道館にて1回目の休憩をとりました









25:20〜 東京大神宮






DSC_2881.jpg






真っ暗な北の丸公園エリアを抜けると、やっと普通の深夜の街中へと戻っていきます。






DSC_2880.jpg
すぐ近くにあった靖国神社のデカ鳥居






知名度でいいますと超メジャー級の靖国神社ですが、ちょっとシカトさせて頂きまして、今回寄っていったのは、






DSC_2885.jpg
「東京大神宮」というところです






DSC_2884.jpg
中には入れなかったですが、路地にあるちっちゃめの可愛らしいサイズの鳥居です






この「東京大神宮」。実はスゴいです。


何がスゴいって、いま日本中で行われている神前結婚式の形を作り、それを日本全国に広めたのがこの東京大神宮なのです。


その昔から、日本の結婚式と宗教(特に神道)には関わりがあって、式や関連する様式には神様との習わしがあったそうです。ただし、あくまでも式をあげるのは自宅がベターだったそうな。


しかし1900年(明治33年)に行われました、後の大正天皇となる明宮嘉仁親王・後の貞明皇后となる九條公爵家令嬢の九條節子様が行いました宮中での御結婚の儀をベースに、この東京大神宮が皇室の婚儀の方法を研究・参考して翌1801年に、日本初の神前結婚式(模擬)を取り仕切り、その後も日本全国に普及させていったのだそうです。(ソース元:2つ前の僕の前世の記憶とWikipedia






P1000781.jpg


元々、恋愛・縁結びで有名な伊勢神宮との繋がりもあるっていうことで、そらもー独身の僕的には靖国神社よりも東京大神宮がホットスポットになるのは必然です。






P1000782.jpg
厄年に関する情報の看板まで出してくれてて、超親切






というわけで、個人的感情によって立ち寄った東京大神宮を通り過ぎていく一行なのでした。






DSC_2888.jpg
ついでに、飯田橋駅もシカトする一行なのでした











25:50〜 神楽坂






続いてやって来たのは、僕のなかで「なんか耳にするけど、でもそんなに頻繁に行ったことはないエリア」としてポジションが確立している、






DSC_2889.jpg
『神楽坂』です






P1000636.jpg
マップがあったので、一応見てみましたが






P1000637.jpg
えーっと






P1000638.jpg
字ちっちぇぇぇえええー!!店多過ぎ&読めねー!!!!!






DSC_2889.jpg
そんな神楽坂です






P1000639.jpg
とりあえず、まずは「神楽坂通り」を真っすぐ行きます






P1000642.jpg
で、ちょっと路地っぽくなる「神楽坂仲通り」に入ります






DSC_2890.jpg
で、「神楽坂仲通り」が終わる、ちょっと手前らへんで超細い路地に入ります







DSC_2891.jpg
そこが、「かくれんぼ横丁」です






アカン、道が細すぎて全然わからない。というわけで、人が殆ど歩いてない画像ver.をドゾー。






DSC_2893.jpg
これが、「かくれんぼ横丁」です






DSC_2892.jpg
良い感じの和食屋さんがありまくりです






P1000645.jpg
なんだか、とってもムーディー






P1000643.jpg
石畳とか、木造家屋とか、ムーディー祭りですわ






P1000646.jpg
「和」のテイスト、パない




DSC_2894.jpg
パない






100m程の「かくれんぼ横丁」を抜けて通常の道に戻っても、また3〜40mも歩けば、






P1000651.jpg
そう、「兵庫横丁」です






P1000649.jpg
なんか見た事ある、「和」なボンボンみたいなやつ






P1000650.jpg
やっぱり、「和」テイストがパない






P1000652.jpg
「兵庫横丁」、超狭い。狭くてパない






P1000785.jpg
狭過ぎて、傘を全開で広げては通れないレベルです






P1000654.jpg
振り返れば奴(狭さ)がいる






兵庫横丁を抜けると最初の「神楽坂通り」に戻るのですが、ちょうど我々一行が路地を抜けてきたタイミングで逆に神楽坂通りから兵庫横丁に入ろうとしてきた地元民風のオジサンがいました。


しかし、いかんせん20人オーバーの一行。路地から溢れでるように延々とワラワラと参加者様たちが出て来ます。


その様子を、無言で延々と見つめながら突っ立って待つオジサン。


その光景の一部始終眺めていた僕は、腹抱えて笑いました。ある参加者様は「中国雑技団でこんな感じの見た事ある…」と呟いていました。






DSC_2900.jpg
そんな神楽坂でした











26:45〜 江戸川公園






DSC_2902.jpg
ダル〜ンと再び進み始めた一行






P1000786.jpg
ジャンクションな感じ、僕、大好きです






P1000657.jpg
もう一回言いますが、大好き、僕、ジャンクション






で、着いたのが2回目の休憩ポイントである、






P1000789.jpg
江戸川公園です






トイレ・最寄りにコンビニ2軒(ローソン・ファミマ)・ベンチが完備されているスーパーナイスな公園です。ベンチは雨で全滅でしたけど。






ここでは、少し多めに20分程の休憩時間をとりました。


と、休憩に入った直後に珍事件が。


最寄りの交番から、1人の若い警察官の方が僕達に近づいてくるではありませんか。


深夜に集団でやっているイベントですので怪しさ満点なのですが、実は当イベントはこれまで警察の方に引き止められるといったこととは殆ど無縁でした。


なので、「(10回目にしてついにキタ━━━━━━(゚∀゚)━━━━━━!)」と内心ガクブルしていたのですが、先制攻撃として警察の方に近づき、


あ…、すいやせん、アッシら本当10分くらいで公園から出て行きますので…、違うんでゲス……ただ静かに休憩してるだけでヤンス…。面倒を起こす気なんて、サラサラないでゲス…(泣)




と、僕が3日に1度はとっている卑下な態度で迫りました。が、そこで返された言葉は意外なものでした。


警察:あ、いえいえ!注意しにきたんじゃないんです!ただ、何されてるのかなぁって個人的に気になって(笑)


代表:……?! ヘェ…アッシらは、ただただ都内の深夜を散歩してるだけなんでゲス・・・ただそれだけなんでゲス・・


警察:へー!面白そうですね!!大学のサークルとかですか?


代表:い…いえ、法人としてのイベントでして…ヒュヘヘ・・・(名刺チラ)


警察:「いっぱんじん連合」!面白いですね〜!いやぁ、僕も一般人として参加してみたいなぁ(笑)


代表:フュヒヒヒィ・・・い、いつでも来ておくんなまし…大歓迎であるからに……


警察:あはは(笑)では、どうぞお気をつけて!失礼します!!(爽やかスマイル)


代表:…! ハ、ハハァ〜!失礼しやす……!!!!(ヤダ、何この国家権力…!嫌いになれない・・・むしろスキ!!)













DSC_2906.jpg
「あー、平気っすw何でもないっすwwむしろ何も起こらなくてガッカリっすわww」






と、まぁこんなことがありました。


余談になりますが、あくまでも僕の個人的な経験なのですが、これまで1人深夜徘徊で受けてきた深夜帯の職務質問or自転車ナンバー確認(計50回以上)では、若い警察官の方はとても丁寧な対応の方が殆どでした。


事務的な話し方ではなく、キチンと「お時間をとってしまいすみませんでした」という態度・言葉を出してくれるので、止められても嫌な気持ちになったことがあまりありません。(年配の警察官エピソードについては、イベントでお会いした際にお話したいと思います)


そんな穏やかな休憩を挟んで、ゴールの雑司ヶ谷に向けて再開です!






DSC_2908.jpg











27:15〜 カテドラル大聖堂






江戸川公園から雑司ヶ谷方面に移動するには、






P1000793.jpg
こんな真っ暗な中、






P1000794.jpg
結構な階段を昇らないといけません






DSC_2909.jpg
階段を上がりきって、小高い丘の上からちょっと進みますと、






DSC_2910.jpg
有名ホテル「椿山荘」がすぐに現れます






椿山荘を横目にしつつ、向い側の道路に移動すると、






DSC_2911.jpg
何かの施設の敷地内へと先導していく僕たち






P1000798.jpg
漆黒の闇にドーンと現れる大きい建物、それは






DSC_2912.jpg
東京カテドラル聖マリア大聖堂」です。ネーミングセンス、ヤベェ






リンク先のWikipediaに画像が掲載されていますが、大きくて、そしてスタイリッシュな大聖堂です。


この建物は、有名な建築家:丹下健三氏が設計したことで知られています。丹下ちゃんはこれまで代々木第一体育館・東京都庁・広島平和記念公園・グランドプリンスホテル赤坂・東京ドームホテルといった建築物の設計にも携わっています。


なので、僕はよく分からないですが、それ系の人にとってはこの大聖堂の造形はたまらないようです。


いかんせん深夜帯なので、入れない場所も多かったのですが、






P1000801.jpg
こーんな広ーい敷地内には、






P1000813.jpg
P1000810.jpg
P1000807.jpg
P1000802.jpg
P1000803.jpg
P1000804.jpg
P1000805.jpg
P1000806.jpg
こーんなに色々な施設があるみたいです







『「聖園=みその」という呼び方ってちょっとキラキラネームっぽいなぁ』とか思いつつ、もう1箇所目的の場所に進んでいきます。






DSC_2916.jpg






P1000669.jpg
「ルルドの洞窟」です






僕は信じきってますけど、その昔フランスの片田舎「ルルド」という土地にある洞窟内に、突然マリア様が登場されたらしいんです。






DSC_2917.jpg
これ、マリア様が登場したイメージの石像






DSC_2918.jpg
これ、「ルルドの洞窟」の説明。長いんで3行で頼む






マジでテンション上がったキリスト教徒は、世界中にこの奇跡の「ルルドの洞窟」再現セットを置くように指示を出したようで、この教会にも見事に再現されているのです。


まるで東京ディズニーランドのアトラクション「スプラッシュマウンテン」とか「カリブの海賊」っぽい質感のセットで、ついつい夢中に見入ってしまいました。






DSC_2923.jpg
なるほどね〜、仰る通り〜






P1000666.jpg






P1000667.jpg
なんかツボに入った銅像のタイトル











28:00〜 雑司ヶ谷






さぁ、いよいよゴールの雑司ヶ谷に向かってズンズン進むのみです。






DSC_2926.jpg
ズンズン






DSC_2924.jpg






DSC_2925.jpg






DSC_2931.jpg






DSC_2929.jpg






DSC_2927.jpg






P1000675.jpg






DSC_2928.jpg






いやー、実は途中で「雑司ヶ谷霊園」を通り、夏目漱石のお墓とかも皆様と一緒に見てきたのですが、見事な暗黒レベルの暗さで画像が全くないのが残念です。


雑司ヶ谷霊園には、夏目漱石以外にも「万次郎界の第一人者」ことジョン万次郎や、東條英機、竹久夢二といった有名人も眠っていたりします。昼でも夜でも楽しめますので、ブラブラ散歩するのにはすごく良いスポットだと思います。


そんなこんなで、今回のゴール地点に到着しました。










28:10〜 都電雑司ヶ谷駅 そして






雑司ヶ谷霊園を通り過ぎますと、






P1000678.jpg






P1000680.jpg






DSC_2932.jpg
都電雑司ヶ谷駅に到着でーす!!!






DSC_2933.jpg
深夜の線路も結構ムーディーに見えてくる不思議






この駅のホームにて、閉会式を行い、「第十回深夜徘徊イベント:月下参拝」を終了させて頂きました!!


しかし、この時点でまだ28:10頃。つまり、明け方4時頃。電車なんてまだ動いていません。参加者の皆様も「どうすんねんこの後」な雰囲気が漂いまくってました。


そこで、今回は初めての試みとして、イベント終了後の休憩処をご用意させて頂きました。それが、






DSC_2935.jpg
「上州 焼きまんじゅう 伊勢屋さん」です






気温も低く、またイベント当初は小雨も降っていましたので、冷えた身体を暖めて頂くために、






P1000740.jpg
群馬名物「焼き饅頭」をご用意しました






P1000767.jpg
この、全くもって覇気のない顔をされているのが御協力頂きました店主様です






突然登場しました「焼きまんじゅう 伊勢屋さん」に関しましては、次回の記事で詳しくご紹介させて頂きます!






DSC_2937.jpg
参加者様同士、何やらメアド交換なども捗っていた模様






そんな感じで、皆様には各自お休みして頂きながら、始発の動きだす時間になりましたら解散という形を取らせて頂きました。








最後に





今回もめちゃんこ長い報告記事となりましたが、参加者様でこのブログを読んで頂けている方がいらっしゃるかと思いますので、最後にお礼を言わせてください。


改めまして、当イベントにご参加頂き本当にありがとうございました!


気温も若干低く、また小雨も降っており疲労などもあったかと思いますが、最後まで皆様とご一緒できましたこと、本当に嬉しく思っております。


無理矢理ポジティブに考えますと、小雨で濡れた神楽坂の石畳や霊園のなかを歩くというのもなかなか趣きがあり、こういった深夜徘徊を体験して頂き何か少しでも心に残るものがあればとても嬉しいです。


さて!年内にもう1回くらいは深夜徘徊イベントを開催致します。また日程など決まりましたら告知させて頂きますので、ご都合宜しければ、是非是非お問い合わせくださいませー!


おしまい



コメント

No title

皆様お疲れ様です。

雨で濡れたアスファルトは花火みたいで綺麗ですよね~!立ち止まって見てないと夢中で歩いて事故りそうになります。

東京駅って夜だと人が少ないんですね、いつでも混雑してると思ってました(田舎者の発想)。上を見上げてる代表が、フランダースの犬みたいに天使に運ばれそうな雰囲気で面白いwww

今回の写真は上手に撮れてて、撮った方のセンスが感じられます!特にマリア像と線路が素敵です。

和菓子和菓子和菓子!よく開いてましたね、やっぱお菓子の仕込みで朝が早いんでしょうか?おっちゃんのバンダナおしゃれ。

第10回も面白かったです!
報告ありがとうございました!

2013年10月26日17:41 from 通りすがりURL

通りすがりさん

コメントありがとうございますー!

そうなんです、雨に濡れたアスファルトってなんだか綺麗なんですよね〜。だから、適度な軽い雨だったら、逆に良かったりするなぁって個人的には前々から思ってました。

さすがに終電の時間帯になると空いてるんですよね。東京駅周辺は繁華街って感じでもないですし、東京駅をポイントにどこかに移動する方が多いので、平日も週末も結構空いてたりします!

ほんと、画像綺麗なの多いですよね〜!!カメラマンがすごく上手く撮ってくれて、僕も画像見たとき感動しましたw「PCの壁紙とかに使えるくらい」って思いましたwww

あ。焼きまんじゅう屋は、当然こんな時間には起きてませんwお願いして、お店に泊まり込んでもらって特別に深夜に起きててもらいましたww

いつも本当にありがとうございます!また年内にもう1度開催しますので、またどうぞよろしくお願いします〜!!m(__)m

2013年11月04日15:29 from 代表URL

非公開コメント

トラックバック

http://backyardsomething.blog.fc2.com/tb.php/219-5ae24a8f