2014/03/13  札幌で開催されたNPO法人フリースクール漂流教室主催「しゃかいさんか」の様子についてのご報告(今度はもう少しだけちゃんとしたやつ)

このエントリーをはてなブックマークに追加




当日の様子をちょっとだけ見せるんじゃ






P1010402.jpg






こんばんはー、いっぱんじん連合の代表です。


先日、札幌に行ってきたんですよ。札幌にあるNPO法人フリースクール漂流教室さん主催のフォーラム「しゃかいさんか」で、ひきこもり名人の勝山さんって方と対談とかさせて頂いたんですよ。


んで、そのことについてのブログを前回アップしたんですけど、気がついたら美味しかった海鮮丼とかの画像しか載っけてなかったんで、今回はもうちょっとだけ当日の様子をご報告したいなぁなんて思いました次第です。はい。






・企画の意図

・のっけから感想ブログなど

・当日のフォーラム前の様子

・フォーラム中の様子

・最後に










企画の意図






P1010279.jpg






まず最初に、今回の「しゃかいさんか」が開催された経緯・意図について簡単にご説明したいと思います。


主催者でもあり漂流教室の中の人でもある相馬さんがブログ記事にもしてくれていました。

「しゃかいさんか」の企画意図


今回のフォーラム、そもそもは漂流教室さんに関わるボランティアスタッフの方々(大半は大学生だそうです)の研修として企画したのが始まりだったそうですが、結果的には一般の方でも誰でも参加OKという形式になりました。


企画意図は主に次の3つ。すごくザックリとした説明にしちゃってるので、是非上記リンク先をご一読してくださいませませ。


1:就活を控える学生は、社会参加=働く=労働=賃金って一本道的な考えになりがち。それはそれで大事なことだけど、社会参加していく方法・手段としてもっと別の柱みたいなことがあったほうがよくない?

2:ボランティアスタッフの半分くらいは近い将来、支援職に就くと思うけど、居場所作りとかを難しく考え過ぎ。「深夜一緒に歩きましょー!」「喫茶店にいるんで、一緒にしゃべりましょー!」って程度でも人が集まる場があることを知って欲しかった。もっと気楽でも成り立つし、こういう例もあるよって知って欲しかった

3:宮原の活動を紹介することで、真似してくれる人たちが現れたらいいなって思ってる。2のことをふまえれば、別に大変なことするわけじゃなく、就職したとしてもやろうと思えばいつでも出来るでしょっていう。



といったことが意図というか望まれていた事だそうです。


とはいっても、決して無理強いするわけじゃなく、「結局は聞いてくれても、どう思うか・何を行動するかは人それぞれだし」っていうスタンスだそうです。個人的にこういう感じ、素晴らしいな・なんか好きだなって思います。









のっけから感想ブログなど






P1010387.jpg






先日と今回、僕自身ブログを書きましたが、他にも主催者様サイドや参加者様がブログ等を書いて下さっているので、諸々リンクを貼らせて頂きまふー!読んでくださいまふ〜!


正直言いますと、今回のフォーラムのメインコンテンツである「ひきこもり名人×いっぱんじん連合代表の対談」の具体的内容について、フォーラムの最中ずっと僕自身テンパっていた影響もあり、もう忘却の彼方状態なので、下記の感想ブログ等リンクからフワッと感じ取って頂きたい所存でございまする。かたじけない。




<参加者様ブログ>

昨日は「しゃかいさんか」なるイベントに参加してきました。

もう一つ、二つ、三つの生き方




<togetterまとめ>

3/8ひきこもり名人×いっぱんじん連合「しゃかいさんか」まとめ




<運営者様サイドブログ>

しゃかいさんか

3/8ひきこもり名人×いっぱんじん連合「しゃかいさんか」を聞いて

『しゃかいさんか』個人的反省

『しゃかいさんか』個人的感想










当日のフォーラム前の様子






さて、3月8日(土)に開催された「しゃかいさんか」。当日の流れと共にご紹介していきます〜。


フォーラム自体は13:30から開始でしたが、札幌で特にすることのない僕はもっと早めに会場に行きました。






P1010284.jpg
会場はココです。「市民活動プラザ星園」






元々は、北海道札幌星園高等学校という学校の校舎を、移転・閉校に伴い、色々活動する施設に改装したそうです。






P1010285.jpg
ほ…ほしぞの…?(正しくは、「せいえん」=「星園」)






P1010287.jpg
入り口はこんな感じ。学校!って感じ






P1010289.jpg
各教室を様々なNPO法人や団体がオフィス的に利用しています。
漂流教室さんも、ココをフリースペースとして利用してるみたいですよ







P1010290.jpg
ズンズンと廊下を進み、とりあえず漂流教室さんのスペースへ






んでもって、目的の教室のドアを開けると、






P1010301.jpg
ハイ、ドーン!こんな感じの漂流教室さんのスペースです、ドーン!






P1010302.jpg
黒板とか…懐かし過ぎて涙出るわぁ






P1010303.jpg
網に入れられたサッカーボール!バスケットボール!!!






P1010307.jpg
ロッカー!w ロッカーだよ…10年以上振りくらいのロッカー…






P1010291.jpg
おっと、この大人が相馬さんです。何やら、印刷し過ぎた過去の配布物を、まとめて今回のフォーラム参加者様に渡しちゃいたいとかで、プリントをわちゃわちゃやっています






早めに着いたのでお邪魔させて頂いたコチラのフリースペース。「漂着教室」というネーミングだそうです。この漂着教室内で僕が一番夢中になったのが、本棚&漫画でした。






P1010292.jpg
ほ〜ら、まずこちら〜






P1010293.jpg
藤子不二雄先生の名作「まんが道」






P1010294.jpg
「怪物くん」






P1010297.jpg
「エスパー魔美」!!






P1010295.jpg
古い作品だけじゃないよ!「進撃の巨人」なんかもシッカリおさえてます






P1010296.jpg
僕もハマった「うさぎドロップ」






P1010313.jpg
コッチの本棚には…






P1010312.jpg
ハチクロや!「ハチミツとクローバー」やん!





P1010311.jpg
「キャンディキャンディ」の隣に「シグルイ」とか、まじカオス






P1010310.jpg
出た!楳図かずお先生の「漂流教室」!!






ちなみに、こちらの団体名「漂流教室」は、楳図先生サイドにもバッチリ許可を得ているとのこと。ゴイス〜






P1010309.jpg
「ザ・ワールド・イズ・マイン」。すごいなぁ〜






P1010298.jpg
「それ町」だ!「それでも町は廻っている」やん!






P1010299.jpg
「人間仮免中」⇒「アル中病棟」⇒「これでいいのだ。」って並び、マジユーモア溢れ過ぎ






と、僕が何十分も本棚でキャッキャしていたら、いつの間にか…






P1010300.jpg
ニタニタしながら漫画読んでる大人がー!こちらが、漂流教室代表の山田さんです






そんな感じで相馬さんや山田さんと一緒になって漫画をキャッキャと読んでいたら、いつの間にか、






P1010306.jpg
ボードゲームを






P1010315.jpg
ひきこもり名人 勝山さんがやってました。超自然にボードゲームに興じとる。(右の御方)






フォーラム開始15分くらい前までボードゲームに夢中になってる勝山さん。「何かスゴい…!」と、何となく思いました。









フォーラム中の様子






本番の時間が迫ってきたので、会場へと移動しました。「大会議室」という別室で行うとのこと。






P1010374.jpg
こんな感じでした、ドーン






40名強の方にご参加頂きました。ザックリとした内訳は、漂流教室ボランティアスタッフの方が10〜15名程、その他は一般参加者様だったそうです。ご参加頂き、マジで嬉しかったです。






P1010316.jpg
出入り口には、こんな机がありまして






P1010318.jpg
勝山さんの名著「安心ひきこもりライフ」が販売されていたり






P1010319.jpg
イベント概要などの資料が置いてあったり






P1010317.jpg
佐村河内氏が1面のスポーツ新聞があったり。謝罪会見の翌日ということで、勝山さんが持ってきてました






P1010357.jpg
100円で飲める美味しいコーヒー屋さんも来てくれていました







P1010320.jpg
本番10分前にワチャワチャとパワポの確認を始める登壇者たち






P1010324.jpg
開始5分前にもなって、パワポが表示されずプチ焦る僕






と、バタバタしていたら、あっという間に13時30分の定刻となり、フォーラムが始まりました。






P1010330.jpg
まず、相馬さんが簡単に企画意図など説明した後、






30分ずつ、僕と勝山さんがそれぞれ自己紹介やら活動紹介やらをしました。






P1010332.jpg
「プロジェクターに近いとこに座ってたから」という理由で突然マイクを渡され、人生と同じでブレる僕の図






P1010333.jpg
自分ツッコミですけど、「目次的な」って何だよ






P1010336.jpg
テンパって、喉がカラカラになる30分が始まりました






P1010343.jpg
P1010344.jpg
P1010345.jpg
P1010346.jpg
P1010347.jpg






割といつもの調子で、ダラダラと「深夜徘徊イベント」「代表デリバリー」「ダベ◯◯シリーズ」「題名のない深夜発表会」について話させて頂きましたが、割とマジでスベッていたようで殆どシーンとした空間のまま時間が過ぎていきました。






P1010351.jpg
続いては、ひきこもり名人 勝山さんの活動紹介です






開口一番に「そんな真面目に聞かないで、もっとザワザワして」と言い、会場を爆笑させて空気を柔らかくしたのは、さすがだなぁ〜とマジで感心しました。


あ、それと上記画像で右側に座っている女性は、「安心ひきこもりライフ」などの編集を担当した、編集者の伊藤さんです。


色々面白いお話があったんですが、特に面白かったのが、次の画像の時の話です。






P1010352.jpg
一昨年に徳島で開かれた「防ごう!少年非行」という大会の記念講演






およそ200名の役人さん達の前で講演をされたそうです。「防ごう!少年非行」というお題目に、何故勝山さんが呼ばれたのかも相当謎ですが、聞いている方たちも謎だったらしく、200名が終始シーンとしており、会場には空調の音が響いていたとのこと。何その地獄!「まさに苦行」「名人かどうかを試されていた」と話す勝山さん。マジ漢ですわ。






P1010353.jpg
幼い甥っ子さんに「妖怪ウォッチ」をせがまれる話でホンワカさせつつ、






P1010354.jpg
和歌山県で最近行っている活動の話に






和歌山県にある「共育学舎」という団体の土地にて数万円から作れる自作の小屋を作っている話から、「ひきこもり村」なる構想の話まで。






P1010355.jpg
見えづらいと思いますが「小屋に窓が出来たよ〜」という画像






詳しい話は、逐一勝山さんのブログにて報告されていますので、是非是非ご覧下さい。何かすっごく面白そうですよ。(リンク


ここまで、ご自身の著書の話や様々なイベントに登壇された話やこれから更に発展させていく話など、色々な活動についてお話があったのですが、最後の締めにおっしゃっていたのが次の画像です。






P1010356.jpg
「一番大事で、常に一人で行っている活動が『ひきこもりについて一人で考えること』」






「ヤバい、なんかスゴい深い感じがする…!」と思いました。っていうか、勝山さん、お話が普通にスゴい上手でした。


さて、各々の活動紹介が終わり、軽い休憩を挟んだ後に、対談へと移りました。


対談では僕と勝山さんの2人きりではなく、司会進行役として@hilow_zeroさんという方が務めてくださいました。






P1010368.jpg
この御方。そこらへんのお坊さんを遥かに凌駕する優しさと暖かさを持った御人です






このhilow_zeroさんは札幌在住&会社員でありながら、実は一昨年くらいから深夜徘徊イベントにご参加してくださったり僕と個人的にプライベートでも会ったり電話したり、勝山さんともサシで会いに行ったり、また主催の漂流教室さんの活動をよく知っていたりと、北海道で唯一無二くらいの勢いで今回の関係者全員のことを知ってる人です。


というか、「今回のメンバーが繋がったのも、そもそもは全部hilow_zeroさんのお陰」説が濃厚です。


また、深夜徘徊イベント含めて東京などで実施されているイベントを札幌に持っていって開催してくださっていたりする、何だかとっても活動家な雰囲気の御方です。


そんな感じで、hilow_zeroさんの自己紹介から始まった対談ですが、






P1010377.jpg






P1010385.jpg






P1010375.jpg






肝心の対談内容は、ホラ、なんていうかわざわざ寒いなか足を運んでくださった参加者様たちのみが知る特権っていうかさ、何て言うか正直に言うと、僕なんてもんは2時間弱もの話を上手く纏める能力(そして肝心の対談中の記憶も)無いわけであってさ、この記事の最初に貼った各種参考リンクから感じ取って欲しいわけであってさ。つまり、8文字で纏めると、すいませんでした。













最後に






さて、いかがでしたでしょうか?僕的に、今回の滞在で感じたことは主に2つです。


1:札幌って、普通に超都会!

2:多分、繋ぐって大事




まぁ、まずは札幌の都会っぷりにビビりましたよ。普通に超都会で、普通に超住み心地良さそうだなって思いました。酔っぱらって道路で寝たら5月上旬でも凍えて死ぬ場合あるらしいけど。


あと、今回は普段は関東圏で暮らしている僕と勝山さんを札幌にご招待してくださったわけですが、これまで割と普通にやっていたことをこれまで知らなかった方々にお伝えするだけで、何かしら感じてもらって直接リアクションを頂けたわけでして。こういうのは両者にとってすごく価値があることなんじゃないかなーって何となく思ったんです。


関東から北海道とまではいかなくても、同じ地域でも、知らない活動・知らない人達って当然ものすごくいるわけで、それを今回の漂流教室さんやhilow_zeroさん達みたく繋げてくださるアクションっていうのは、繋げてもらうことで改めて大事だなーって思った次第でありんす。なんか、僕もそういうお返しを誰かにしていけたらなーとか、ふと思いました。


あ、そうそう、イベントの告知でーす!

3/29(土)の深夜に、東京都内エリアで深夜徘徊イベントを行います!12回目となる今回は、どんなコースをどんな人達とご一緒させて頂けるのか、今から楽しみです、はい。


というわけで、お申し込み・お問い合わせはは次のリンク先からお願い致しまーす!
「第十弐回深夜徘徊イベント:深春未明」イベントページ




おしまい


コメント

非公開コメント

トラックバック

http://backyardsomething.blog.fc2.com/tb.php/234-6a6fe27e