スポンサーサイト

このエントリーをはてなブックマークに追加

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2014/03/22『話題のイベントの作り方 #EventSalon3 「参加」』というイベントに登壇しますが、僕以外のゲストが超面白そう!

このエントリーをはてなブックマークに追加






僕の話はどうでもいいですが、
僕以外の方の話は聞いてみたいぃぃぃいい!!







イベントトップ






あ、どうも今晩は。いっぱんじん連合の代表です。「この時期の花粉くらい存在感のある男になりたい」ってフレーズ、たった今思いついたんですけど、どうですかね?(挨拶)


えっと、3年くらい前から平均して一週間に1度くらいしか外出してない僕が、『キーワードが「参加」』というイベントに登壇させて頂くという冗談みたいなことになったっぽいので、その告知ブログになります〜。





・と、その前に

・「Event Salon vol.3」って?

・Peatixさんて?

・登壇者紹介

・最後に








と、その前に




イベント告知のブログを書くのでややこしいですが、今度いっぱんじん連合主催のイベントをやりまーす!先にその告知をさせて頂きマンモス〜!(「頂きマンモス」を知らない情弱の方はググってください)


12回目となる、「深夜徘徊イベント:深春未明」を今月29日(土)に開催致しますー!少しずつお申し込みを頂いてますので、もし宜しければ特に考えずに勢いでお申し込みくださいませ!!


概要&お申し込み受付ページ⇒リンク









「Event Salon vol.3」って?






第一回コラジュ画像001






早速ですが、今回登壇させて頂くイベントの受付ページのリンクを貼っておきますね。だって、今回のブログの大半は、次のリンク先からのコピペなんだもの。⇒(リンク


さて、いきなり「Event Salon vol.3」って言われても「???」ですよね。むしろ、僕みたいに英検4級に落ちるレベルからしたら、とりあえずGoogle翻訳を使わないといけないんで大変です。ったくよー、ユーザビリティの観点が抜け落ちちゃってるんじゃないのー?アーン??(黙れ、適当に不適当な横文字使うな)




さてさて、【vol.3】となっているようにこちらのイベントは定期的に行っているようですが、核となっているのは次の文言です。



「イベント主催者が集まり、イベント主催者から学ぶ、毎回満員御礼のサロン型イベント。」



そう、このシリーズのイベントは登壇者はもちろんのこと、参加者の方も「イベントを主催している」「イベント運営に関わっている」という立場の方達や、他にも「これからイベントを行いたい」「イベント・場作りの勉強がしたい」といったように、ある意味同業者の方達を対象にしているそうです。


続いて、具体的なイベント概要やスケジュール等をコピペしますね。


【開催概要】


このEvent Salonは、
イベント主催者(ゲストスピーカー)によるトークライブ
ゲストスピーカーを交えたイベント主催者同士の交流
オススメケータリングユニットによるフード提供
をお楽しみ頂けるイベントです。


・日時:2013年3月27日(木)19:30-22:00(開場19:00)
・場所:co-ba(コーバ)(6F co-ba library)
・参加費:前売 3,300円、当日 4,000円
 ※交流パーティー参加費(軽食・ワンドリンク付)を含みます。
・定員:40名
・主催:Event Salon実行委員会
・共催:Peatix, co-ba


【当日の予定スケジュール】

19:30-19:35 オープニング〜Event Salonの楽しみ方
19:35-20:50 トークライブ〜ゲストスピーカー4名によるトークライブ×4本!
20:50-21:50 交流パーティー〜オススメケータリングを食べながらイベント主催者で交流
21:50-22:00 クロージング〜Event Salon/ゲストスピーカーから最後に参加者のみなさんへ
※予告なく変更となる場合があります。予めご了承下さい。




という感じです。スケジュールにも書かれていますが、話を聞くだけじゃなく美味しいゴハンを食べながら交流する時間もタップリあるようで、それがサロンと呼んでいる所以でもあるのかなぁと思います。


このイベントの主催はEvent Salon実行委員会と記載されていますが、具体的には共催に名を連ねる「Peatix」さんと「co-ba」さんのご紹介をした方が、このイベントについて、より理解が深まると思います。







Peatixさんて?






co-ba」さんについては、僕自身まだ行ったことがないのでよく分かってないのですが、

『渋谷にある、超有名・超オシャレ・超イイ感じのコワーキングスペース』

という認識でいます。多分、そんな感じです。co-baさんの関係者様に聞かれたら、ビスケット・オリバに全力で殴られたゲバル並みにぶっ飛ばされると思います。そんな1日に10万キロカロリーの食事を摂っていそうなco-baさんがイベント会場になります。




そして、もう一方のPeatixさんですが、こちらはイベントをやっている方・やろうと思っている方・ちょくちょくイベント参加してる方には馴染みのある名前かと思います。


ザックリと説明すると、「簡単にイベント告知・管理・運営ページが作成できるネットサービス」(と、その運営会社)の名前です。


イベント概要さえ決まっていれば、僅かな時間でシャレオツなイベント専用ページが作れるということで、とってもナイスなサービスだと思います。


つまり、co-baさんやPeatixさんなど、元々「場・イベント作りを支援する事業」をされているわけで、今回のような「イベント主催者のためのイベント」を運営するというのは、とっても納得って感じなのです。








登壇者紹介






次は、わりかし重要な「イベント登壇者」の方達のご紹介です。


お話をされる順番はまだ分かっていませんが、予定では登壇者は4名いるらしいです。そして、そのうち3名がすでに発表されているので、その3名の方を紹介したいと思います。










【1:『お金が使えない!決められたコンテンツもない?参加者がシェアの精神で楽しむフェスティバル』Burning Japan afromance氏】




バニングさん




アートや音楽、フードなど、フェスに必要なものは全て参加者が持ち込むBurning Japan。参加者は何をしているの?もし参加するとしたら、自分には何ができるの?主催のafromance氏にお話頂きます!









なんかネットで名前は聞いたことあったんですけど、「バーニング・マン」っていうアメリカの砂漠地帯で年に1度開催されていて、30年くらい歴史のある大規模イベントがあるらしいんですよ。


1週間くらいの期間、そのイベント会場?の砂漠地帯に集まった参加者は互いに金銭じゃない「親切なこころ」によって助け合ったり楽しんだりするっていう、何だかスゴくワイワイした感じのお祭りがあるらしいんです。


で、その日本版を運営されているのがafromanceさんらしいです。えー、なんかスゴいー。よく分からないのにスゴいって思わせる時点で間違いなくスゴいー。








【2:『みんなで作るディープな共有型地図の世界』古橋大地氏 マップコンシェルジュ株式会社 代表取締役社長 】




マップさん




地図のWikipediaとも言われるオープンストリートマップ。誰でも参加できるその仕組みと、世界各地で行われている地図づくりイベント『マッピングパーティ』の楽しみ方や裏技を伝授します!








リンク先のGigazineの記事読んだんですけど、なんなんですかコレは。アメリカでは、「Googleマップからこちらのサービスに乗り換える企業が増加している」とか書かれてますけど、ワールドワイド過ぎでしょ。それに「マッピングパーティー」とかサラッと説明してますけど、興味ひくでしょ。絶対聞きたいでしょ、マッピングパーティーの話。


そもそも古橋大地さんの肩書きの「マップコンシェルジュ株式会社」って、まず先にその会社の説明も聞きたいし。







【3:『夜の街をうろつく人ってどんな人?そこから見えるものってなんだろう』宮原直孝氏 一般社団法人いっぱんじん連合 代表理事】




俺




「深夜徘徊」この言葉から何を想像しますか?終電間際に集合し、夜の街を徘徊する謎のイベント。なんか怪しいと思いつつ、なんか気になる深夜徘徊。その実態はいったいどのようなものなのか...。








もうさ、何か、大丈夫なの?僕、本当に大丈夫なの??ってことを感じてるわけですよ。


例えばさ、afromanceさんの紹介だとラストは

「お話頂きます!」



だし、古橋大地さんの場合は

「楽しみ方や裏技を伝授します!」



で締められてるわけですけど、僕の場合は

「いったいどのようなものなのか...。」



ですからね。『ほんとにあった!呪いのビデオ」』のナレーション「おわかりいただけだろうか…」じゃないんだからさ。


もし万が一僕が1番に登壇して喋り出したら多分ですけど何か割とマズい空気が会場を包み込み、他の登壇者の方達が、




::::::::        ┌─────────────── ┐
::::::::        |深夜徘徊がディスられたようだな・・    │
:::::   ┌───└───────────v───┬┘
:::::   |フフフ…奴は四天王の中でも最弱…     │
┌──└────────v──┬───────┘
| 参加者の失笑ごときにやられるとは   │
| 四天王の面汚しよ…      │
└────v─────────┘
  |ミ,  /  `ヽ /!    ,.──、
  |彡/二Oニニ|ノ    /三三三!,       |!
  `,' \、、_,|/-ャ    ト `=j r=レ     /ミ !彡     
T 爪| / / ̄|/´__,ャ  |`三三‐/     |`=、|,='|    
/人 ヽ ミ='/|`:::::::/イ__ ト`ー く__,-,  、 _!_ /   
/  `ー─'" |_,.イ、 | |/、   Y  /| | | j / ミ`┴'彡\
バーニング・ジャパン  ???    マップコンシェルジュ     





みたいなやり取りすると思うんですよね。もうヤダ怖い。









最後に



いかがでしたでしょうか?いやー、本当色んな方が色んなイベントやってるんですね〜。僕は僕自身の話に興味ないですが、他の登壇者様や参加者様にスゴく興味あるので今から超楽しみです。


改めまして、当イベントの受付ページは、次のリンク先になります。⇒(リンク


どうやら毎回定員数に達する人気イベントということなので、もしご興味ありましたらお早めにお申し込みくださいませー!


最後に、vol.1とvol.2の各レポートリンクも貼っておきますね。


Event Salon #2 参加者の“五感”を刺激するイベントの作り方


参加者全員がワイヤレスヘッドホンのディスコイベント? #EventSalon 2


暗闇ごはん – 視覚を完全に奪われた中で食べるご飯はどんな味? #EventSalon 2


場づくりをする人たちの場|Event Salon #1 物語 開催レポート


面白いのに上映館がない!サッカー&映画ファン垂涎 “好き”から誕生したパワフルな映画祭 #EventSalon


大切なのは“ナラティブ”としての物語。ライゾマが教えるイベント成功のコツ #EventSalon


敏腕プログラマーたちが各地で活躍! 地域の課題を解決する「CODE for JAPAN」 #EventSalon



おしまい





《当記事の画像は、http://eventsalon3.peatix.com/から引用させて頂いております》

コメント

非公開コメント

トラックバック

http://backyardsomething.blog.fc2.com/tb.php/238-4fcf3c34

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。