仕事を辞めたい!と思ったら踏みとどまるための記事

このエントリーをはてなブックマークに追加

small_2962194797.jpg
どうも。参謀です。

代表がニート的見地から色々書いてくれているので、私は一般的サラリーマン的見地からモノを書きたいと思います。

特に、思い切って会社を辞めるとか、転職するとか、スキルを活かして独立するとか、素晴らしい勇気と行動力を持ち合わせていない、そういうサラリーマンとして書いていきます。それが私なので。

お金を稼ぐため、ひいては生きるために仕事をしているならば、誰でも1度は考えることがあると思います。そう、

仕 事 を 辞 め た い !

ここでズバッと自分の身の振り方を決められる人はそれで良いと思いますが、そうでないあなた、というか私は、まず冷静になって、アレコレ考えてみましょう。グジグジと頭の中で悩んでいてもどうせまとまらないので、順序良く整理していくと良いと思います。

↓ 以下続きから。↓


なぜ会社を辞めたいのか。
まずは会社を辞めたい理由を分析してみましょう。以下はよくある例です。
 ・人間関係(同僚・上司)
 ・給与に不満がある(そもそも足りない)
 ・仕事内容に不満がある。
 ・他にやりたいことがある。
 ・忙しすぎる。
 ・転勤が多い。
 ・働きたくない。


それ、本当に会社を辞める必要があるでしょうか。例えば、
 ・人間関係
  → 人事担当者に相談しましょう。あなたが人事担当者なら、もっと上の人間に相談しましょう。
 ・給与
  → まずは支出を見直しましょう。水筒を持ち歩くとかなり節約になりますよ。
 ・仕事内容に不満がある。
  → 同じ会社で、他部署に異動を申し出てみてはいかがでしょうか。
 ・他にやりたいことがある。
  → それは趣味としてできませんか。趣味を仕事にすると辛いらしいですよ。
 ・忙しすぎる。
  → それだけあなたが必要とされているんです。家族と過ごす時間が欲しいなど、どうしてもというのであれば、同じ会社で残業が少ない部署に異動を申し出てみてはいかがでしょうか。
 ・転勤が多い。
  → そういう雇用契約であれば仕方ないですが、昇進や社内での立場を諦めて、転勤を拒否するのも選択肢にありませんか?
経済の状態がこんなですから、あまり勢いで会社を辞める選択はしないほうが良いのでは、と思っています。テレビや転職サイトで紹介している成功者は、成功したから紹介されているんですよ。
 ・働きたくない。
  → 私もです。気が合いますね。

会社を辞めて、何をするのか。
で、やめた後、何ができるでしょうか。
 ・転職活動
 ・田舎に帰って、それから考える。
 ・株、FX、ネットショップ、そういうちょっとしたもので小銭を稼いで暮らす。
 ・農家をやる。
 ・ニート
 ・遊んで暮らす。
 ・海賊王になる。


うーん、なるほど。
 ・転職活動
  → コネとかあるならいいですが、そうじゃないと厳しいですね。そもそも転職した先が、確実に今より良いとは限りません。人間関係は絶対わかりませんし、やりたい職種の会社でも、やりたい部署に配属されない可能性もあります。
 ・田舎に帰って、それから考える。
  → 問題の先送りはヨクナイですよ。本当にやりたいことを見つけるんだ!といっても、捜し物っていうのは欲しい時には見つからないものです。
 ・株、FX、その他
  → 博打で生きるつもりならそれはそれで生き方の一つですが(太く短く生きるのも良いと思います。本当に。)、今まで堅実にやってきた方なら、失敗して全て失うことに耐えられるでしょうか。
 ・農家をやる。
  → 農家はサラリーマンよりやりがいがありそうですが、サラリーマンより肉体的にも精神的にもキツいです。まずは農家体験サービスなどを試してみてはいかがでしょうか。(大抵の体験サービスは、楽しい気持ちで終われるように充実のサポートが控えているはずで、簡単に農家になれると洗脳されるかもしれませんが。。)
 ・ニート
  → 短期間~数年程度ならよさそうですが、よほどの資産家でない限りは人生を楽しく過ごせると思えません。心は部屋に引っ込むし、お腹は出っ張ってきますよ。代表はなぜだか健康かつ楽しそうですがアレは珍しい例でしょう。まだ2年目ぐらいだし。
 ・遊んで暮らす。
  → 1年ぐらいで飽きそうですよ。お金と一生楽しめる趣味を見つけてありますか?
 ・海賊王になる。
  → 最近の海賊は取締が厳しくなってますよ。犯罪もよくないです。


で、どうやって楽しく暮らせというのか
よくある自己啓発本みたいなことを書いてみますが、
 今の環境を楽しむ
というのが大切だと思います。
とはいえ、極端な例で言えば、毎日言葉にできないような拷問とか虐待を受けている人が幸せに暮らせるかといえば、普通はノーです。(そういう人もいるにはいるでしょうが、それはもう神の領域でしょ)
だから、出来る範囲で、少しだけ思い切って環境を変えてみる。どうしても我慢出来ないイヤな部分だけなんとかして、あとは毎日山あり谷あり。そんなことはどこで何をしてても当たり前で、とにかく毎日ハッピーなことだけで過ごすなんて最初から不可能です。人生だもの。山と谷をあわせてトントンぐらいになればいいじゃないかと考えましょう。

それでもやっぱり会社を辞めたい?
自分には何も能力とか知識、経験はないけど、もっと楽しい人生があるはずだって?
なるほどそれは確かにそうかもしれません。
それを実証するのがいっぱんじん連合ですから。
ちょっと待っててくださいね。
(うまいこと宣伝につなげたつもり)

photo credit: laverrue via photopin cc

コメント

非公開コメント

トラックバック

http://backyardsomething.blog.fc2.com/tb.php/26-bfc2ea46