FC2ブログ

スポンサーサイト

このエントリーをはてなブックマークに追加

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2017年7月22日開催!「第弐十九回深夜徘徊イベント:深大暑歩」のご報告

このエントリーをはてなブックマークに追加





昼間に見れないものが見れる、それも深夜徘徊の面白さのひとつです



DSC05835.jpg





深夜徘徊大好きっコの皆さま、こんばんは。いっぱんじん連合の代表の宮原(@daihyo_ippan)です。


2017年7月22日(土)の深夜から翌朝にかけて、東京都内エリアをのんびりブラブラと深夜徘徊する『深夜徘徊イベント』を開催致しました。


29回目の今回、どんなエリアをブラブラ&プラプラした一夜だったのか?当日の模様を時系列に沿って簡単にお伝え致しますので、どうぞご覧ください!




・概要

・23:46 スタート 東京駅

・24:43 日比谷公園

・26:08 竹芝ふ頭公園

・27:17 ふ頭公園

・28:16 ゴール 天王洲アイル

・最後に





◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆

【宣伝的なやつ】

深夜徘徊関連の新サービスです!


▷東京で深夜徘徊した方同士を紹介・仲介する無料マッチングサービス「深夜徘徊.match」開始しました!

現在の登録会員数は120名以上、続々お問い合わせとご登録頂いております◎



▷深夜徘徊疑似体験カードゲーム「深夜徘徊 - Let’s get together tonight –」

2016年秋に発売開始したカードゲームの製作に協力致しました。「偶然集まった幅広い年代の男女が、終電の時間から朝方まで深夜徘徊をすることになりました」という設定で、深夜徘徊の楽しみ方や魅力や「あるあるネタ」などを知って頂き、深夜徘徊の理解を深めてもらうことを目的としています。

50枚を超えるカードに使われている写真やエピソードは、すべて東京の深夜徘徊の最中に実際に見て、感じて、体験したものばかりです。

実際のカードや説明書に関しては、【コチラ】からご覧頂けます。
そして、ご購入は通販にて【コチラ】からお求め頂けます。


こちらも、どうぞよろしくお願いしまーっす!

◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆











概要


当イベントのスケジュールや実際に歩いたコースは以下のとおりです。


日時:2017年7月22日(土)

集合場所:JR東京駅


《スケジュール》

23:30〜 受付開始

23:45〜 開催式&その後スタート

28:30〜 ゴール&閉会式ィーー!!


そして、コースマップはこちらになります→【外部リンク(マピオン)


スタート地点 東京駅丸の内方面から、有楽町・日比谷方面に向かい、新橋・汐留・芝浦と移動し、天王洲アイルをゴールというコースになります。


さて、次からいよいよ時系列に沿った当日の模様を画像タップリで見て頂きますが、ド深夜の屋外写真オンリー、つまり暗い画像100%な感じなので、パソコンまたはスマホの画面光量をMAXにしていただくと、よりお楽しみ頂けるかと存じますでございます!








23:46 スタート:東京駅





DSC05780.jpg
時刻はもう少しで日付が変わろうとする23時半すぎ






DSC05074.jpg
良い感じのスポットライトで照らされている東京駅






DSC05073.jpg
というわけで、この日の深夜徘徊は東京駅から集合・スタートです






DSC05779.jpg
時間通り集まって頂いた、約20名の参加者様たち。「時間通り」とか、素敵な言葉すぎ。だいたい5~10分遅刻するのがデフォの僕からしたら、憧れの言葉でもあります






DSC05777.jpg
あ、そうそう。この日のイベントには、とある番組の同行取材が行われました(残念ながらお蔵入りになり、放送はされませんでした)。というわけで、カメラを構えた番組スタッフさんがこのあとの画像にもときどき写ってます






DSC05781.jpg
東京駅付近で簡単な開催式を行ったのち、






DSC05786.jpg
深夜徘徊イベント、スタートです!










24:43 日比谷公園



DSC05795.jpg
東京駅丸の内方面からスタートした僕たち一行






DSC05792.jpg
まずは、有楽町へ。そして日比谷公園に向かいます






DSC05788.jpg






DSC05789.jpg






DSC05794.jpg






DSC05798.jpg
丸の内のブランドショップエリアを通っていきます






DSC05803.jpg
ブランドショップのマネキン、深夜帯でもオシャレ






DSC05800.jpg
なんかのトラちゃん。かわいいトラちゃん、かわいいと思います






DSC05808.jpg






DSC05796.jpg






DSC05806.jpg
東京国際フォーラムエリアのなかを通り過ると、






DSC05810.jpg






DSC05720.jpg
深夜番組「オールナイトニッポン」が有名なAMラジオ局『ニッポン放送』社屋があります






DSC05081.jpg






DSC05817.jpg
スタッフもしくは生放送終了後のタレントさんを待っていると思われるタクシー。いやー、こういう様子のもザ・東京って感じがするー






DSC05823.jpg
ニッポン放送を通り過ぎると、すぐ目の前には日比谷公園があります






DSC05825.jpg
3秒で忘れてもらって大丈夫ですが、「伊達政宗 終焉の地」だそうです






DSC05824.jpg






DSC05083.jpg






DSC05084.jpg






DSC05829.jpg
この日比谷公園を休憩ポイントとして、ゆったり休んでもらいました






そうそう、日比谷公園のベンチで貴重なものが見れました。






DSC05832.jpg
これ、一瞬何かわからないかもしれませんが、






DSC05830.jpg






DSC05834.jpg






DSC05835.jpg
セミの孵化の瞬間でした。なにこの生命の神秘の瞬間。ライブ感がすごい










26:08 竹芝ふ頭公園



DSC05836.jpg
休憩を終え、再開した僕たち一行。






DSC05864.jpg






DSC05843.jpg
日比谷公園から、新橋・汐留方面に向かいます






DSC05842.jpg






DSC05841.jpg
ニャ〜ン






DSC05863.jpg
ポンヌッフ〜






DSC05852.jpg
「生こしょうあります」、このメッセージはすごい(すごくない)






DSC05853.jpg
深夜帯は、バイクやタクシーがギュインギュインスピード出して運転してることがあるので、深夜帯でも油断せず気をつけて徘徊しましょう






DSC05846.jpg






DSC05845.jpg






DSC05844.jpg






DSC05856.jpg
コンビニで買ったパピコを食べている参加者様の図。アイス食べながらの深夜徘徊とか、深夜徘徊の楽しみ方をよく理解してらっしゃる・・・!






DSC05857.jpg
アイスを食べてまったりしてる参加者様のそばでは、お仕事に励む取材スタッフ様たち。それが仕事とはいえ、普通に尊敬です






DSC05869.jpg






DSC05723.jpg






DSC05873.jpg






DSC05879.jpg
よく見ると東京タワーの先端がチラリ。新橋・汐留エリアからも東京タワーがチラ見できちゃう。この日は深夜帯もライトアップが継続されてました






DSC05877.jpg






DSC05875.jpg
個人的に、汐留エリアは深夜徘徊オススメポイントです。治安の良さと人の気配の無さと綺麗な感じのバランスがGoodです






DSC05882.jpg






DSC05880.jpg






DSC05088.jpg






DSC05732.jpg






DSC05735.jpg






DSC05890.jpg






DSC05893.jpg
汐留エリアから、浜松町・竹芝方面に移動します






DSC05913.jpg






DSC05916.jpg






DSC05917.jpg
時刻は2時をまわったころ、






DSC05740.jpg
突如ビルのあいだに帆船らしきものが見えてきました





DSC05926.jpg
休憩ポイントの竹芝ふ頭公園に到着です






DSC05922.jpg
僕ぁ、この公園が大好きでして、






DSC05920.jpg
ひとりで深夜徘徊する際は、この景色を眺めながら、





DSC05919.jpg
ドリカムの「決戦は金曜日」を聴くのが大好きです





DSC05927.jpg
参加者の皆様にも、のんびりと休憩して頂きました






DSC05930.jpg










27:17 ふ頭公園






DSC05943.jpg
竹芝ふ頭公園の休憩を終え、再開する僕たち一行






DSC05945.jpg
次は、芝浦方面に向かいます






DSC05096.jpg
これから、時間帯的にもエリア的にも超静か&人がいない感じになります。深夜徘徊的に超良い感じなゴールデンタイムの始まりです






DSC05097.jpg
ここからはしばらく、2時すぎの静寂感を感じて頂ければと思います






DSC05098.jpg






DSC05743.jpg






DSC05746.jpg






DSC05748.jpg






DSC05747.jpg






DSC05750.jpg






DSC05962.jpg






DSC05961.jpg
にゃーん






DSC05960.jpg
振り返りつつの、にゃーん






DSC05952.jpg






DSC05947.jpg






DSC05963.jpg






DSC05967.jpg






DSC05975.jpg






DSC05972.jpg






DSC05105.jpg






DSC05107.jpg






DSC05109.jpg






DSC05753.jpg






DSC05102.jpg






DSC05113.jpg






DSC05968.jpg






DSC05114.jpg






DSC05751.jpg






DSC05752.jpg
静かな時間のなか、参加者様同士お喋りしたり、のんびりぼーっと街並みや川沿いを眺めつつ歩いてきた一行





DSC05987.jpg
3時をすぎたころ、最後の休憩ポイントである「ふ頭公園」に到着しました






DSC05117.jpg






DSC05120.jpg






DSC05121.jpg
この公園は、南極探検と縁が深い土地に作られている関係で、ペンギンの置物が超あります






DSC05756.jpg
銅像のペンギンも






DSC05118.jpg
南極探検に利用された船をイメージした立派な遊具も。こんなん、キッズ大興奮やろ






DSC05981.jpg
精神的にはキッズな僕(84年生まれの33歳)も大興奮です






DSC05986.jpg






DSC05983.jpg












28:16 ゴール:天王洲アイル



DSC05123.jpg
さて、最後の休憩ポイントから再開し、ゴールの天王洲アイル方面に向かいます






DSC05122.jpg
これ、レインボーブリッジなんですけど、下から眺めるのもなんかスケール感がドーンと感じられて素敵です






DSC05129.jpg






DSC05128.jpg






DSC06017.jpg






DSC05133.jpg
川沿いのベンチ。深夜徘徊あるあるだと思っているのですが、昼間よりも深夜のほうが魅力的に感じます






DSC05134.jpg






DSC05136.jpg






DSC05138.jpg






DSC06025.jpg
川沿いの壁に描いてありがちな子供による絵。深夜にみるとサイコ度が高まる感じがする






DSC06027.jpg






DSC05770.jpg
いよいよ天王洲アイルエリアです。橋の素敵度が天王洲アイルっぽい






DSC06039.jpg






DSC06040.jpg






DSC06042.jpg






DSC05142.jpg
さて、この天王洲アイルのテラスエリアが今回のゴールです!






DSC06049.jpg
ゴール直後、ちょっと一息ついてもらったのち、






DSC06053.jpg
最後に閉会式を行い、終了・解散とさせて頂きました。みなさま、お疲れ様でした&ありがとうございましたー!!!












最後に







DSC06055.jpg




今回は初夏というか本格的な夏を目前とした7月下旬ということもあり、深夜帯でも半袖姿でも十分暖かい気候&気持ちの良い夏らしい空気のなか深夜徘徊をすることができました。

都心部でも今回目撃できたセミの孵化の様子など、意外と自然っぽい瞬間を見ることができます。夏場に深夜徘徊する際には今回のコースを参考にしてみてはいかがでしょうか!


さて、僕たちは今回の「深夜徘徊イベント」、そして深夜徘徊しながらのんびりした出会いの場として頂く「深夜徘徊合コン」を、不定期ながら大体交互に開催しています。


もし「ほーん、まぁまぁ良いんじゃない?」と思っていただけたら、

・メール:backyardsomething@gmail.com

・Twitter:@daihyo_ippan

までご一報くださいませ!次回以降のイベント日程が決まり次第、順次概要とお申し込みのご案内をさせていただきます。深夜のゆるりとした時間をご一緒できること、心よりお待ち申し上げておりますー!!!


◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆

【改めて、宣伝的なやつ】

深夜徘徊関連の新サービスです!


▷東京で深夜徘徊した方同士を紹介・仲介する無料マッチングサービス「深夜徘徊.match」開始しました!

現在の登録会員数は120名以上、続々お問い合わせとご登録頂いております◎



▷深夜徘徊疑似体験カードゲーム「深夜徘徊 - Let’s get together tonight –」

2016年秋に発売開始したカードゲームの製作に協力致しました。「偶然集まった幅広い年代の男女が、終電の時間から朝方まで深夜徘徊をすることになりました」という設定で、深夜徘徊の楽しみ方や魅力や「あるあるネタ」などを知って頂き、深夜徘徊の理解を深めてもらうことを目的としています。

50枚を超えるカードに使われている写真やエピソードは、すべて東京の深夜徘徊の最中に実際に見て、感じて、体験したものばかりです。

実際のカードや説明書に関しては、【コチラ】からご覧頂けます。
そして、ご購入は通販にて【コチラ】からお求め頂けます。


こちらも、どうぞよろしくお願いしまーっす!

◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆




コメント

非公開コメント

トラックバック

http://backyardsomething.blog.fc2.com/tb.php/275-cda99193

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。