スポンサーサイト

このエントリーをはてなブックマークに追加

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

うつ病だった時に後悔したお金にまつわる3つの失敗

このエントリーをはてなブックマークに追加

いつの間にかお金が減ってく
    /\___/ヽ   ヽ
   /    ::::::::::::::::\ つ
  . |  ,,-‐‐   ‐‐-、 .:::| わ
  |  、_(o)_,:  _(o)_, :::|ぁぁ
.   |    ::<      .::|あぁ
   \  /( [三] )ヽ ::/ああ
   /`ー‐--‐‐―´\ぁあ


いっぱんじん連合の代表です。
今日も大好きな明治エッセルスーパーカップのチョコミント味を買ってしまったので
お金が減ってしまいました

お金がないと、大好きなアイスも、
大好きなバンホーテンのミルクココアも買えないらしいです。
さっき参謀から教えてもらいました。お金って大事だなぁ。

で、大事なお金に関して、
僕がうつ病真っ盛りの頃にミスった行動を思い出したので書いておきまーす。




<読んで欲しい方>

・うつ病になりそうなフラグがビンビンに立っている貴方

・「同僚が毎月減っていくなぁ、不思議だなぁ。」っていう職場で働いてる方

・友達や家族で「うつ病真っ盛り!」っていう人がいる方。

などなど。




<3つの失敗一覧>

1:自立支援医療制度の存在を知りながら利用しなかった

2:解約しなかった通勤定期代

3:無駄に買った資格試験の教材費用



<それぞれの詳細>

1:自立支援医療制度の存在を知りながら最初利用しなかった

通常、健康保険入ってれば医療費は3割負担でいいんですけど、
この自立支援医療制度ってのを利用しちゃえば、
なんと1割負担でオッケー!っていう魔法の制度です。
 *     +    巛 ヽ
            〒 !   +    。     +    。     *     。
      +    。  |  |
   *     +   / /   自立支援医療制度、イヤッッホォォォオオォオウ!
       ∧_∧ / /
      (´∀` / / +    。     +    。   *     。
      ,-     f
      / ュヘ    | *     +    。     +   。 +
     〈_} )   |
        /    ! +    。     +    +     *
       ./  ,ヘ  |
 ガタン ||| j  / |  | |||
――――――――――――

僕の場合だと、大体毎回約3千円の料金がかかり、
最初の半年近くは週1で通院してたので、1ヶ月で1万2千円も掛かってました。

制度を利用してからは、一回の通院で千円ちょっと、月計算でも4千円で済んだんですよねー。

「塵も積もれば」で、何ヶ月も経てば何万円の差になるんですよねー。
くっそ、そんなお金があればカードキャプターさくらのDVDBOX買ってるっつの。
(OPの「プラチナ」は名曲だなぁ。)



2:解約しなかった通勤定期代

病院で診断書もらった翌日には上司に颯爽と提出して、
休職期間突入したという、仕事では見せた事のない手際の良さを発揮した当時の僕。

ついついそれで安心したのか、後日会社から送付されてきた書類に

「休職期間突入ってことで今度、お前にあげてた通勤手当代で必要なくなった期日分は返金してもらうから、
使ってないお前の通勤定期、解約しとけよ!」(意訳)

という記載がちょこっとあったんですが、
すっかり放置してました。

それからしばらくしたら、ガッツリ数ヶ月分の定期代数万円分を会社の口座に振り込めっていう
連絡がマジできました。まーた、何万円ってお金が手元から無くなったわけです。

クッソ、iPad2買えたっつーのに。
(iPad欲しい。山手線とかスタバで今更ドヤ顔したいよ。)


3:無駄になった資格試験の教材費用

金額的にも、後悔度レベルもこれが一番高かったです。

ニートが法人作るまでの流れ 第1章〜法人設立を思いつくキッカケはうつ病〜前編にも書いたんですけど、
 

 現実逃避の手段として、

「起業すれば俺は大丈夫なんだ!助かるんだ!!生きててもいいんだ!!!」

という結論に持っていくことでとりあえず心を落ち着かせるようになりました。


って療養中本気で思ってたんですが、
この「起業すれば、、、!」パターンの前にあったのが、
「資格をとればいいんだ、生きててもいいんだ!」パターンでした。

毎日の殆どが寝たきりで、本もまともに読めないから
勉強なんて出来るハズないんですけど、
当時はそう思っちゃったんですよね。

それで、大して調べもせずに「行政書士」とか「中小企業診断士」といった
資格試験のためのテキストなどをLECとかTACとか資格の大原から、
まとめて買っちゃったんです。
その額、脅威の20万強

当然、大量にあるテキストを1冊としてまともに読めるハズもなく、
今は売っちゃいましたが。

20万とか、、、海外旅行行ったりできちゃうじゃん。
できちゃうじゃーん!!
(パリに行きたいです。オルセー美術館がリニューアルしたから行ってみたい)



じゃあ、どうすれば良かったのか

1〜3に共通して言えるんですが、思考力と行動力がおかしなことになってるんですよね。

・せっかくお得な制度だって知ったのに、医者にも聞かず放置してた。

・定期を解約すればいいって知ってるのに、動かなかった。

・勉強なんて無理なのに、気づいたら本を買ってた。



よく聞く「病気の最中は大きな決断はしないほうがいい」っていうのは、
ホントにその通りだと後々納得しました。


今になって思う対処法として、

・早く、信頼してる人に現状を伝える

・誰にも言えなかったら、せめて医者には話す

かなーなんて呑気に思います。

どうしても自分ひとりじゃ、どーにもこーにもならない状態ですからね。
自分の状況を他人に知っておいてもらって、
行動のブレーキやアクセルとして担ってもらったほうが楽です。

っていっても、そんな都合の良い相手なんか滅多にいないのが当然なので、
この際お金は無くなってしょうがないので、うっかり自殺しないようにだけ気をつけましょう!

おしまい



コメント

No title

>「同僚が毎月減っていくなぁ、不思議だなぁ。」っていう職場で働いてる方
あてはまっちゃった。先週は隣の席の人がいなくなりました。

2012年02月28日10:19 from 参謀URL

No title

参謀の部署、人いなくなりすぎワロタw

2012年02月28日11:23 from 代表URL

非公開コメント

トラックバック

http://backyardsomething.blog.fc2.com/tb.php/55-f2241e12

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。