僕の初めての深夜徘徊

このエントリーをはてなブックマークに追加

もっと日本人に徘徊してもらいたい

yakei01.jpg


今晩は。いっぱんじん連合の代表です。

「深夜徘徊の会」を設立し、
そしてイベントの開催に伴いページを追加しましたが、
肝心の深夜徘徊について語り足りないので、
ここに記しておきます。

目次で〜す

・初・深夜徘徊

・ゴールも何もない

・趣味というか、習慣というか



初・深夜徘徊

yakei05.jpg

僕は、高校時代まで長野県の田んぼと畑ばかりの地域で
生活してきました。
そして、大学進学に伴い東京に住み始めたのです。

なので、

「渋谷のスクランブル交差点は何かのお祭りが開催されてるかと思った」
「新宿のあまりの高層ビルっぷりに上ばかり見上げて歩いていて人にぶつかった」


という、田舎者のベタなパターンを経験しました。



そんな初めてづくしの大学1年生でしたが、
特別の初めてが、「初・深夜徘徊」だったのです。



忘れもしない2004年7月11日。
その日は参議院選挙の日でした。

夜の10時を回ってもテレビはずっと選挙に関してばかり放送しており、
ネットも見飽きた僕は、なんとなく「暇だし、散歩をしよう」と思い、
鍵と財布だけ持って外に出ました。




ゴールも何もない


上京して4ヶ月目、まだ土地勘の無い僕は、
道路の案内標識だけを見てゴールも決めず歩いていました。


まず東京ドームのある水道橋、そこから池袋
新宿、原宿、青山、六本木、
霞ヶ関
yakei04.jpg


霞ヶ関、皇居、東京駅、
皇居
akiba.jpg
秋葉原と歩いていました。



途中で終電も無くなりましたが、
いつの間にか「もっともっと歩いてたい」と思っていて、
結局朝まで歩き続けて家に帰りました。






趣味というか、習慣というか


それから、週に一度は深夜徘徊をして朝や昼間まで歩き続けるというのが
癖になりました。

職務質問されることも数十回を超え、警察官と雑談することも当たり前になり
深夜徘徊の楽しみの一つにもなりました。

そのうち、

普通の道路の片隅で大声で罵り合っているカップルも、
マンションのなかで1部屋だけついている部屋の明かりも、
何があったのかわからないけど公園のベンチにうなだれている男性も、
パジャマ姿でフラフラ徘徊しているお年寄りも、

みんな、「僕の深夜徘徊のための彩りとして演出されてるんじゃないか」
と思うようになりました。

イタい。イタいですけど、深夜徘徊中なら全っ然問題ありません。
なぜなら深夜徘徊中は、自由で、一人で、
その時間だけは「深夜の街は俺のモノ」状態だからです。

「ほんとかよ?」「いや、全然意味わからん」とお思いのあなた!
そんな方の為の、深夜徘徊の会です。
東京近郊でしたら、ぜひ第1回イベント「暗黒乱夢〜イリュージョンワルツ〜」へ、
come here!!

コメント

深夜徘徊

都心住みだけどたまに深夜徘徊する!遠くまでいくとめんどいから二時間で帰るけどね。近所徘徊、夜の散歩は足が進むというか疲れる感覚が薄い!

2012年12月13日08:05 from あんぽURL Edit

あんぽさん

コメント、ありがとうございますー!!!m(__)m
都内で深夜徘徊されてらっしゃるんですね!わかります、昼間よりも疲れが薄い感じがしますね〜!不思議ですよね。

2時間でどういったコース歩いたり楽しんでいるのか、もし良ければメールなりTwitterなりで教えてくださいw

2012年12月13日08:12 from 代表URL

非公開コメント

トラックバック

http://backyardsomething.blog.fc2.com/tb.php/70-0f3d60bc